スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納得できない。

2013.12.13 20:20|仕事
これでいいんだろうか?と思ってしまう。
そんなことがすごく多い仕事なんだと思う。

うちの職場のベテランさんたちはそれぞれ
自分の中の「福祉とは、介護とは」という
理念のようなものがあり、
時にはすごく衝突する。
私たちは利用者さんたちを「導いていく」べきと言う人。
だから、きちんとした知識を持ち、
何が「正しく、幸せなのか」をきちんと提示していくべき、と。
もう、そうなると一種の宗教じみてくる。

私自身は、まだベテランではないので
「これが正しい!」というはっきりとした断言を避けている。
・こういう訴えがあった
・それに対して、これとこれとこれと・・2、3通りの
 対処方法が考えられる。
・ほかに対処方法があるか。
・どれがベストか。(あるいは、ベターか)
・そのベストな対処方法をどのように行うのがベストなのか
を絶えず話し合うために、
「ちょっと、時間をください、相談なのですが・・。」
といろんな人に声をかけ、小さなカンファを行うようにしている。

自分に自信がない、というのが大前提なのだけど
第一は、自分がとらえている利用者さん像とは
違った「利用者さん像」をほかの職員がもっている場合
何がベストな対処方法なのかが違ってくる場合がある。
相手は人間だ。
私が持っているAさんの印象と
別の人がもっているAさんの印象が違うのは
ある意味当然のこと。
Aさんへのベストな対応を皆で考えるのは
なかなか面白いしとても勉強になる。

といった、自分に自信のない私なのだけど
「はぁ?なんだこれは?これでいいのか?」と
誰かの対応について、疑問に思うことはあるわけで。

今日、事務所で事務仕事をしていると
おたんこなーすがある利用者さんの湯飲みを持ってきて
「●●●を入れますね、Oさん、ひどいから!」
と、かなりきつい●●●という向精神薬(水薬)をOさんの
湯飲みにびたびたと入れていた。
「どうしたの?」と聞くとおたんこなーすは怒っていて
「きょうね、Oさん、ひどいの。職員に暴言吐きまくって。
でね、あんまり、ひどい時には、ドクターから
この●●●を飲ませていい、って言われているから
入れて飲ませるの。」そう一気に言って、
「●●●、Oさんにいきますね」とほかのナースに向かって言う。
そのナースも「ドクターが言っているならいいんじゃない?」
と複雑な顔で言っていた。

え?
その、●●●って薬、確かに大人しくなるけど!
心臓に影響があるって。
前に動悸が激しくなる発作を起こした人もいたじゃない。
突然死した症例もあるはずだ。
それに、ドクターの言う「ひどい時」って
あまりにも興奮して眠れないとか
人に暴力をふるうとか
そんなときに部屋に隔離して飲ませるはずだ。
Oさんは、日ごろから、人にきついことを言う性格で
でも、確か、持病があるから、向精神薬の使用は
かなり慎重になるべきだって話が!
そう、あんたが前に私に言ったんだろ?!?!

そう言ってみたが
「だって、ひどい時はドクターが、
飲ませていいって言ったから。飲ませますね。」
そう言って、向精神薬が入った湯飲みにお茶をつぎ・・
Oさんに飲ませてしまった・・・。


Oさんは大人しくなった。
ナースはさぞご満悦だろう。
薬は効き、Oさんはろれつがよく回らず、
ぼっとすわっているのだから。
「もちろん、常用はしないわよ~
酷い時だけ。頓服としてつかうだけよ。」
おたんこなーすは満足げだった。

ドクターが言ったから?
ナース判断で向精神薬を飲ませていいのか?
それじゃまるでナースに逆らったら
薬を飲ませられる、ってこともあり得るわけで。

いつも毒を吐いていて、皆からの嫌われ者の
Oさんが、ぼっ~と椅子に座っている。
「大人しくなったね」
おたんこなーすが言う。

向精神薬使用の基準を厳しくナースに求めていきたいと思う。
全然今回の薬の使用に納得できない。
どのような状態なら使うのか。
ナースの状況判断だけで向精神薬を使われることに
なにか暴力的なことを感じる。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mira

Author:mira
パートの介護職のへタレおばさん。
そして
ちょっぴりヲタクが自慢。
私の知識の80パーセントは
マンガからきています♪
(リンクご希望の際は、ご一報下さいませ。
そして、無断トラックバックはお断りしております。
TBの際にもご一報くださいませ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ♪

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。