スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターミナル4

2013.11.07 09:59|仕事
Sさんと娘さん息子さんの面会は
和やかに行われていたらしい。
罵声も怒号も聞こえなかった。
1時間後に「すいません」と娘さんに私は呼ばれた。
「親子3人で写真を撮ってもらえませんか?」
「はい、今、行きますね。」
カメラを構えると
美しく満面の笑みを浮かべる娘さんと
ぎこちなく笑う息子さんとSさんがそこにいた。
「Sさん、いい顔ですね~では撮ります。」
これがSさんの最後の写真となった。

「では帰ります。父をよろしくお願いします。」
娘さんは頭を下げた。
「手作りコロッケ、食事の時に出しますね。」そういうと
「ありがとうございます。本当にここで皆様に良くして
いただいて。父も幸せです。ありがとうございます。」
また頭を下げ、そして、私に小声で言った。
「成年後見人の手続きを取り下げさせます。
弟に父のキーパーソンになるよう説得します。」
「そうですね・・。」
実際問題、後見人の手続きをしても、後見人が決定するまで
とても時間がかかることが多い。
私の知っているケースの中では、早くても半年かかった。
余命2か月では、間に合うと思えなかった。
それにしても、この娘さんは自分がキーパーソンになるとは
言わないのだな・・・それが少々気になった。

笑顔でSさんに手を振り別れを告げる
息子さんと娘さんに挨拶をしながら、
なぜか私とRさんはとても冷めた気持ちになった。
自分の気持ちとこの状況を丸く収めようと
笑顔を振りまいている美人の娘さん。
多分自分の気持ちをどうしたらいいのかわからない息子さん。
「これもみーんな、お金が絡んでないからの話ですよね。」
私はRさんに言った。
「そうよ。だから、あんなに自分の気持ちに
こだわっていられるのよ。金策を考えなくていいから、ね。」
Sさんは大金を騙された過去があるにしても
結構な額の資金と年金があり、ここの支払いには不自由しない。
もし、Sさんがお金がなくて、この施設の支払いは誰がする?
っていう問題があったとしたら・・・
娘さんだってあんなきれいな笑顔を見せなかっただろうし、
息子さんだって過去の自分や自分の怒りの行き場や
そんなことよりも、金策に翻弄してただろう・・。
この施設にはそういった例の方が多い。

Sさんの夕食に娘さんの手作りコロッケが出された。
「娘さんが自分で作ったそうですよ。お母さんの
味付けを真似したそうですよ。」
そうSさんに言うと、Sさんは不思議そうな顔をこちらに向けた。
「むすめ・・・?むすめですか・・?」
「そうです、娘さんです。」
「はぁ・・・息子はきょう来たけれど・・娘は・・?」
ああ、と思った。
Sさんは娘さんの面会を覚えていないんだ。
「きょうね、息子さんと一緒に娘さん来ました。
そして、コロッケを作ってくれましたよ。」
「むすめが・・?はぁ・・来ましたか・・?
むすこはきましたが・・・。そうですか・・そうなんですか・・。」
それでも少しずつSさんはそのコロッケを口にした。
「おいしいですか?」
「はぁ・・よく、わからないです・・」

娘さんは”いいのよ。お父さん、許してあげるわ”のような
気持ちで今日面会したのだろうけど・・・
手作りのコロッケ持って、かいがいしい娘の姿を
父に見せたかったのだろうけど。
Sさんにはそれが全く伝わってなかったのか。
伝わってないどころではなくて、
認識も記憶もされていなかったのか。

なんか、皮肉なものだな・・・
もっと早く親子三人で話ができていたら
違ったのかもしれないが。

もう、Sさんの状態は、何かを
はっきり認識できるようなものではなくなっていた。
焦点が合っていないのか、ぐらぐらとうごく黒目。
ふらふらとうごく頭。
右手右足はもう全く動かせず、痛みが絶えずあり
体を丸めて荒い呼吸をしていた。
痛みどめの麻薬は副作用が非常にきつく、
命を縮める危険があり、使用が一時中止となっていた。
そして右鎖骨部分のリンパ上にある腫瘍は、
成人男性の握りこぶし大ぐらいに成長していた。

Sさんのケアをしながら、この腫瘍が鼓動と連動して
脈打っているのを、私は静かに見ていた。

少し前までは、一か月前ぐらいまでは
この腫瘍をざっくり切り落として窓から捨ててしまいたい
というわけのわからない欲求が私にはあった。
こいつが諸悪の根源なんだ・・といったような。
でも、今は・・この大きく成長した腫瘍を見るたび
育んでいるんだな、と静かに思うようになった。
きっと誰でもそうなんだろうな。
こうやって”死”を体の中で育んでいるんだろうな・・・。

その二日後に息子さんはまたやってきた。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mira

Author:mira
パートの介護職のへタレおばさん。
そして
ちょっぴりヲタクが自慢。
私の知識の80パーセントは
マンガからきています♪
(リンクご希望の際は、ご一報下さいませ。
そして、無断トラックバックはお断りしております。
TBの際にもご一報くださいませ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ♪

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。