スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間際の準備

2013.10.19 22:23|雑感
生活相談員っていう仕事は
利用者さんのご家族との対応が多い。

先日対応したある利用者さんのお嫁さんは涙ぐんでいた。
「親戚から・・特におばあさんの娘さんから
”あんたのせいで母は認知症になった、そのうえ
家族でみないで施設に預けている”って責められました。
でも、これ以上あのおばあさんを家でみられない・・。
わかってくれないんです・・。」

この手の話はすごく多い。
実情をわかっていない親戚が、わけのわからない感情論を
容赦なく当事者にぶつけてくる。
ひどい話だ。
そんなに言うなら、自分であの重度の認知症のおばあさんを家で
介護してみればいいんだ。本気でそう思う。
金は出さない、口は出す。最悪のパターンだ。

あのおばあさんは、それは娘にとっては最愛の母かもしれないが
「認知症」という精神疾患を抱えている。
家族だけでそういった方のケアをするということが
どれほど大変なことか。
優しくすればいいわけではない。
認知症に関する専門的知識と気持ちの余裕と
介護技術とある程度の医学的知識もいる。
家族だけでは、はっきり言って、かなり難しい。
自宅でみるとしても、なんらかの介護サービスを受けないと
重度の方のケアは・・家族を犠牲にしかねない。

なんでわからないんだろう。
家族を施設に預けるっていうだけで
罪悪感を持ってしまう人がいるということを。
おばあさんが認知症になってしまったということで
自分を責めてしまうという人がいることを。


認知症になるっていうのは、
人間にとって実に自然なことだという。
認知症の方は、そうでないクリアな方と比べると
痛みや苦しみの感じ方が5分の一なんだそうだ。
癌になっても通常の人と違い、
ほとんどモルヒネを使わなくても痛みを訴えないそうだ。
今は世の中、「ボケない方法」とか
「認知症にならない方法」とかが流行っているけど
そういうのが流行るっていうことは。
反対に「私の母が認知症になったのはそういう
”脳への刺激”が足りなかったからではないだろうか。」
と自分を責めたり、同居のお嫁さんを責めたりする一因にも
なっているんじゃなかろうか・・・・とも思う。
でも、そうじゃないはず、と私は思う。
ものがわからなくなってきているのは
順調にあの世への準備を重ねているわけで。
それはもしかしたら、誰にも止められないものじゃないかな、と。

今まで見送った利用者さんを振り返っても
間際に認知症が急に、ものすごく急激に進んだ方が
たくさんいる。
突然にここがどこかもわからなくなったり
昼夜わからずに誰かの名前を呼んだり、幻覚が見えたり・・・
残念ながら、こういったことが起こると
私たちは、医療的数字(血圧や脈)が正常でも覚悟をする。
近いかもしれないと。
そして・・残念ながら、その覚悟はあたることが多い。

そして、こうも思う・・・・
「ボケない、認知症にならない」のは結構なことだけど
それは同時に
「死への苦痛、恐怖をすべてクリアなまま受け入れる」
ことであり、その覚悟があるのだろうか、と。


「認知症になったのは、誰のせいでもないですよ~。」
涙ぐんでいるお嫁さんにそう言った。
「同じ食べ物を食べていても糖尿病になる人とならない人が
いるように、体質とか遺伝とかで病気はなるものですから
誰のせいでもないですよ。」
「そうですか・・。」
「それに、あのおばあさんは今、とても穏やかにこちらで
生活していらっしゃいます。
もう少し落ち着いたら、娘さんたちと面会もできると思います。
ご自分を責めないでくださいね。
お嫁さんは・・いままで・・・本当に・・よくやっていたと思います。」

ありがとうございます・・・
そう、うつむきながら言って、そのお嫁さんは帰って行った。

自分の祖母を思い出す。
重度の認知症で自分の家がわからなくなり徘徊し
2か月後に5キロ離れた河原で変死体で発見された祖母。
家での扱いがひどいから、帰らずに外をさまよったのだろうと
散々近所や親戚から言われ続けた。

あの時から認知症に対する「偏見」は
変わらないんだなと・・ため息がでた・・・・。
スポンサーサイト

Comment

No title

おはようございますv-22

主人の祖母はかなりきつい人だったので
ボケて 嫁がゴハンくれないと近所に
言いまわっても 周りは自業自得?くらいで
終わったみたいです^^;
でも 普通はそうじゃないですよね。

先を考えると 色々怖いです。
うちの身内は 今 まだらぼけ?ですが
舅たちは 80過ぎて まるでボケないで
きついままです^^;

800びくに さん

コメント、ありがとうございます~^^

たとえボケても、近所や親戚が温かく見守ったり
理解があったりすれば、それだけでも
介護者はかなり心に余裕ができると思うのです。
現実にはなかなか・・・そうはいかないですね。

歳を召してきつい方はすごーく多いです。
うちの施設もそんな方ばかりです。
周りが大変ですね~・・どうぞご自愛ください。
非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mira

Author:mira
パートの介護職のへタレおばさん。
そして
ちょっぴりヲタクが自慢。
私の知識の80パーセントは
マンガからきています♪
(リンクご希望の際は、ご一報下さいませ。
そして、無断トラックバックはお断りしております。
TBの際にもご一報くださいませ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ♪

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。