スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わけがわからん

2013.07.08 23:09|仕事
Iさんについて書く。
Iさんは、80代のおじいさん。ディではとても「紳士的」な方。
「いや~ここには素敵な御嬢さんがいっぱいだ。」
「ここは楽しいですね~」
入浴を手伝っても、レクを一緒にやっても
「ありがとうございます。」丁寧にあいさつする。
だけど。
家にいる時は全くの別人・・・。

子供が巣立ってしまい、おばあさんと二人暮らしのIさん。
朝、迎えに行くと、Iさんがトイレに行っている間に
そのおばあさんが職員に泣きそうな顔で訴えてくる。
「昨日も棒でたたかれた・・こんなあざが・・。」
そう言って腕のあざを見せてくる。
「言い合いになって殴られたの。」
頬が青くなっているときもある。
私たち職員はおばあさんが心配で心配でたまらず
その話を逐一ケアマネさんに伝えていた。
「おばあさんのレスパイトケア(家族を保護し支援する介護)
が必要では・・。」
ケアマネさんの答えはいつも「はぁ。」

ある朝、いつものように職員が迎えに行くと
やはりおばあさんが職員に近寄ってきて
「あの人が昨日、包丁を振り回していて・・怖くて眠れなかった・・。」
驚きを隠しながらIさんをいつも通りにディに送り
「た、たいへんでっす!」と報告してきた。
すぐにケアマネさんに連絡「はぁ。」
らちが明かないので、こちらから息子さんに連絡。
「お袋が危ないので・・そちらでショートステイさせてもらえませんか?」
社長に話し、緊急ショートステイとなった。

Iさんは、ここに泊まりになったことを何度説明しても
理解はしていない様子だった。
「帰りたいのですが~いつ車をだしてくれるんでしょうか?」
「どうして、家内はここに来ないのでしょうか?」
「ここは病院ですか?」
職員にしつこく、しつこく、何度も何度も何度も聞いて回った。
とても紳士的に。
次第に、Iさんは自分の胸の内を話すようになった。
「俺は弟と違って醜いから、家内も俺のこと嫌いなんだ。」
「家内は結婚する時、ほかに男がいたんだ」
「どうして家内が迎えに来ないんだ・・。」
「この前床屋に行って髪を切ったら、近所のおばさんに似合わないって
笑われて・・。醜いから家内も俺を見捨てるんだ。」
「ああ、包丁で2~3人刺して刑務所行ったら
家内は会いに来てくれるかな。」

狂気。
そして、狂おしいほど、奥さんが好き。
自分は「醜い」という・・多分60年?70年以上持っている
コンプレックス。
それがぼろぼろと出てくる。

ほとんどすべてケアマネさんに報告する。「へぇ。」
このケアマネさんは、何を考えているんだろ。
Iさんの「充実した毎日のために手を尽くす」仕事を
しているんだろうか・・・。
素朴な疑問だ。

ショートステイが終わり、Iさんは帰宅。
私たちは帰宅後のおばあさんが心配だった。
案の定、おばあさんは、迎えに行った職員に
「はさみや包丁を全部隠したんだけど、どこからか出してきて・・。
もう、どうしようか~どうしたらいいのか~・・。」
社長と話し合い、Iさんを定期的にショートステイしてもらったらどうか
という話がでた。
この件に関して、さっそくケアマネさんに電話で話し合う。
「どうでしょうか??」聞いてみると
「あの・・さ。この前そちらの電話した時、電話とった人が
俺のこと呼び捨てにしたよね。さすがに、それはまずいと思う。」
「は??」
「確かに言ったよ、○○から電話です、って。○○さんから電話です
だろ、普通。ひどいよね。」
このケアマネさん、うちの事業所の職員が呼び捨てにしたと思い込み
(そんなことは絶対にない。ありえない。断言する)
それで、うちの事業所からの電話は聞きたくもなかったらしい。
「”さん”の声が小さかったからでは・・・うちでは呼び捨ては
絶対にないので。」そう言うと怒ってしまい。
「いや、言ったね。呼び捨てにしたね。俺、聞こえたから。」
「うちは呼び捨てなんて、しないです。」
「言い訳はいいよ。俺、聞こえたから。呼び捨てにしてた。
はっきり聞こえたから。」
そこで電話が切れてしまった・・・・。

一部始終を社長に話す。
社長もやはり、「呼び捨ては、絶対にない。」と言っていた。
「でも、miraさん、ケアマネさんに謝りに行くよ。Iさんの
話が全然進まないから、な。」

はぁ・・・・。
なんでこんな話になっちゃうんだろ。

ケアマネさんの中には「お宅を利用者さんに紹介してやってる」
という感覚の人もいる。
利用者さんのために、ケアマネさんに気を使うのが・・
時々、とっても、つかれる・・・。
もう、わけがわからん。
スポンサーサイト

Comment

No title

このケアマネさん、

全然疾病がなく、高血圧でも糖尿でもなく五体満足だが、

要介護度5です!!



宇宙人さん

それでも、私たちができるのは・・
このケアマネさんに何とか動いてもらうことなんです・・・。
2~3日前に社長と電話をとった社員と二人で
このケアマネさんに
「呼び捨てなんかしてないですが、ご不快な思いをさせてしまいました・・。」
と謝りに行き、なんとかご機嫌戻ったようです。
利用者さんとその家族以外に気を使うのは
疲れます。。。
非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mira

Author:mira
パートの介護職のへタレおばさん。
そして
ちょっぴりヲタクが自慢。
私の知識の80パーセントは
マンガからきています♪
(リンクご希望の際は、ご一報下さいませ。
そして、無断トラックバックはお断りしております。
TBの際にもご一報くださいませ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ♪

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。