スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな波紋3

2013.07.04 22:09|仕事
半身まひで寝たきりで。
一人では起き上がることもできず、食べることもできず。
ほにゃ~ほにゃ~しか話すこともできず。
そんなHさんのおむつ替えをする。
「Hさん、長生きするんだよ。
なんで長生きしなくちゃいけないか、知ってる??」
そう言うとHさんは私の顔を目で追っている。
「ほにゃほにゃ。」
「そうだよ。生きていれば絶対楽しいことあるし。
美味しいもの食べられるから。長生きしなくちゃ。。」
Hさんは私の顔を凝視している。
「ね?」
すると・・・みるみるHさんの目が充血して涙があふれてきた。
「え?え?Hさん??え?泣いてるの??」
そのうち、Hさんの小さな嗚咽が聞こえてきた。
「うっうっ・・ほにゃ・・・ほにゃ・・・」
Hさんの頬をつたう涙をティッシュでふきながら
もう、心底驚いていた。
泣いているHさんを見たのは初めてだった。
今まで、Hさんはきっとぼーっとした意識で
まるで霧の中にいるような世界にいるのだと思っていた。
ちがう。私たちと同じなんだ。
「Hさん、泣かないでよ~。ね?泣かないでね?」


熱のある身体。さっきからやまない嘔気(吐き気)
「はぁ、くるし、あ、また、吐きそう・・・。」
ガーグルベース(うがい用のおけ)を口のそばに持って背中をさする。
Tさんは、パーキンソン病(徐々に体が動かなくなる病気)
と心臓付近に動脈瘤という爆弾を抱えている。
動脈瘤は、もう手術のしようもなく、あと少し大きなれば
破裂する危険性がある。破裂すれば、最悪の状況。
そのせいかどうか、微熱が続き嘔気が続いている。
「く、くるし・・。はぁ、はぁ、くるし・・」
医者が往診に来るまでの時間、私はバカみたいに背中をさすっていた。
「Tさん、仲良しのKさんが心配してたよー。
Tさん大丈夫かな?って。Kさんやさしいからね~。」
なるべく明るい話題をしようかと、暗い顔をしないように
必死になって言っていると、Tさんは真面目な顔して
「Kさんには私は死んだって言っておいて。」
「な、なんで??」
はぁはぁ・・荒い息。熱が上がっているのがわかる。
それなのに必死になって、話を続けようとする。
早く、往診来いよ!!Tさんが、こんなに苦しんでる!!
「だ、だって、死んだと思っているところに、
じゃーんって現れて、笑わせたいじゃない、ね?」
はぁはぁ言いながら、私を見て、少し笑う。
「はぁ・・・はぁ・・・ね?面白いよね・・?はぁ。」
この人、私を笑わせようとしてる。
こんなに苦しそうなのに。
「Tさん、もう、人が悪いわ。」私はわざと明るい声を出す。
二人で顔を見合わせて少し笑う。
次の瞬間、泣きそうになる。
私には何にもできないんだな、と。
往診が到着し、すぐに点滴。Tさんは危ない状態だった。


いろいろある。
社長の母上のことはまだ解決してない。
母上が戻れば、私への攻撃があるのはわかってる。
この職場に私の居場所はなくなるかもしれない。
でも。

私はここの利用者さんたちが好きなんだなと、思う。
まだ、ここでやりたいことがある。
まだ、この方たちと・・・・。
スポンサーサイト

Comment

No title

読んでいるうちに 涙が出てしまいました。。。

利用者さん達へのmiraさんの愛が響いてきました。。。

社長のお母様には申し訳ないけど

お母様以外の利用者さん達の為にも
miraさんが今のまま、そこで働けることを祈っています。

No title

最近、義母が亡くなりました。
大往生でしたが心にぽっかり穴があきました。
実家の親の悪口ばかり言ってましたが、
急に大事にしてやろう、と思うようになりました。
私も、母の年齢にならなければ
わからないことがたくさんあるのだろうと思います。
miraさんは本当にやさしい方です。

サンタママさん

ありがとうございます。
今は・・今後どうするかまだ分からない状態です。
今の職場でやり残したことがあるし、
私は何もやましいことはしていないからこの職場を去ることはない。。。
と言ってくれる方もいらっしゃいますし。
そんなリスキーな職場にいたら、自分をつぶしてしまうよ。
と言ってくれる方もいらっしゃいます。

でも、とにかく・・・・
私がどんな思いであっても、利用者さんには精一杯ケアしていこうと思います。

宇宙人さん

そうですか・・・
お義母さま、亡くなったのですか・・・。
ある方がなくなる、っていうのは
どうしようもない喪失感があります・・・。
いい言葉が浮かばないのですが、
大変でしたね。

私も父が亡くなってから、母親に対して
接する時間を大切にしなくちゃいけないな、なんて思います。
利用者さんにも、この時間は今しかないんだな、
同じ毎日はないんだな。。。って思います。

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mira

Author:mira
パートの介護職のへタレおばさん。
そして
ちょっぴりヲタクが自慢。
私の知識の80パーセントは
マンガからきています♪
(リンクご希望の際は、ご一報下さいませ。
そして、無断トラックバックはお断りしております。
TBの際にもご一報くださいませ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ♪

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。