スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな波紋

2013.06.27 23:03|仕事
先週、後輩が結構大きなミスをした。
認知症の方が大変こだわっているものを
粗末に扱ってしまい・・・
それに利用者さんが激怒!そりゃ~すごい、激怒!
その上、その後輩が
「はいはいごめんなさい。ごめんなさいって言ってるでしょ?」
というような・・いい加減な謝り方。最悪である。
「いいか、miraさん、こんな侮辱ってあるか?」
その利用者さん、鼻息荒く事の次第を最初から私に説明し・・
「それは、ひどいです~ごめんなさい。
こんなことが二度とないように、しっかり言い聞かせます・・。」
と言うと
「私は、あいつ(ミスした後輩)がmiraさんのように
謝ってくれればいいんだ!!」とばーんと本を投げつけてきた。

とにかく、後輩に言って、もう一回一緒に謝りに行こう、
こっちが100%悪いんだから~と言っても
後輩は「私は謝りました。」の一点張り。
「いや、ちゃんと相手の目を見て心から謝らないと余計に・・」
その会話をその利用者さんがきいてしまい、また、激怒。
うわぁ。謝るタイミングをはずしたかも・・・。
社長にすべていうと、「今はちょっとタイミング悪いから
様子を見て、対処しよう。」とのことに。
あーあ、ちゃんと、謝って欲しかったのだけど。

これが、思わぬ方向に・・・。

激怒した利用者さん、あんまり怒りまくってしまい。
うちの施設に住んでいる社長の母上に興奮して話し。
何度も何度もしつこく同じ話をして。
それを聞いた社長の母上は
「朝っぱらからあ~んなに怒っている話、聞きたくないわ。
それに本当にしつこいし。あんた、何とかしなさいよ。」と社長に愚痴った。
社長は「歳をとればしつこくなるのはしょうがないよ・・。」
この一言で、この母上キレた。
「じゃ、なに?私もそうだって言うの??私もしつこいわけ?
私はあんな人とは違うわよ。違うのよ!」
社長もキレた。「あんただって同じだよ!おんなじ話何回もして。
どれだけ俺が苦労してると思ってんだ!」
壮絶な親子喧嘩の始まり。

そして、その社長の母上。
職員に「ちょっと買い物に行く」と言って施設を出た
(その職員「気を付けて」と見送ったそうだ。
なぜ止めない??なんてことしてくれたんだ!!)
「なんか、社長の母上、買い物に出たけど・・」と聞いて
私、真っ青。ちょ、ちょっと、社長の母上は
血糖コントロールしなくちゃいけない人で!脳梗塞も発症してて。
この暑い中一人で歩ける身体じゃないのに!
低血糖おこして倒れたらどうすんだよ!!

慌てて追いかけたんだけど・・・。
「娘の所に行く!誰も私の気持ちをわかってくれないのなら
あそこの空気を吸っていたくない!」そう言い放ち。
待たせていたタクシーに乗って去って行ってしまった・・・。

自然に涙があふれてきた。
止められなかった・・・。
止められなかったよ、ちくしょう!

施設にもどり、詳細を報告しながらも涙が出てきて。
社長に謝る「引き留められませんでした。すいませんでした。」
「いや、miraさんのせいじゃないよ。昔から性格悪いから、あの人」

それはそうかもしれないけど。
介護士として、どうよ。いままでのケアはどうだったのよ。
確かにあの母上はわがままかもしれない。
でも、「誰も私の気持ちをわかってくれない」って言われた時
ちゃんとこの人の気持ちを汲み取っていたのかよ、という
後悔やらなんやらガーンと投げつけられたみたいで。

「離設(施設を職員が知らない間にでてしまうこと)の
可能性があったのに、離設させてしまった」との事故報告書を
なんとか・・・まとめた。
凹む。

社長はまだ母上のことを怒っている「自分勝手にしやがって!」
母上は施設にすごく帰りたいのだけど
「社長が私に謝ればかえってやってもいい」という態度。
これにケアマネと相談員(私と辣腕のRさん)と社長の兄弟と。
今、いろんな人を巻き込んでこれからのことについて
話し合いが行われようとしている。
凹む。
離設なんかさせるとこういう収集が取れない状態になるのは
目に見えているんだよ!

そころで後輩は利用者さんにきちんと謝るタイミングを
完全に逃してしまっていた。
今からでも~謝りに行こうとしたら、
その利用者さんから「あいつ(後輩のこと)は
ウソつきで信じられないからな。謝ってもらいたくない。」

相手気持ちを思いやらない。
相手の気持ちを想像しない。
そんな小さなことが・・・大きな大きな波紋となっている。

スポンサーサイト

Comment

No title

認知症の利用者さんの気持ちはわかる。
後輩の気持ちも未熟な私はわかる。
社長のお母様の気持ちもわかる。
社長の気持ちもわかる。

でもわかると書けるのは、
今私は第三者として読んでいるから。

でもただ、「あんただって同じだよ!おんなじ話何回もして。
どれだけ俺が苦労してると思ってんだ!」

これは心に収めて、言っちゃあ、いかんですよね。

小さなことが発端で、
こんなにことが広がるとは!

後輩が素直に謝っていたら・・・
とは思いますが、

相手の気持ちを想像できない人、
いっぱいいます。

私もそうかもしれない・・・です。

でも、年齢を重ねると、
自制心が若い時のようではなくなるので、
お世話するのは本当に大変です。


宇宙人さん

そうなんですよね・・。
社長もキレちゃったのかもしれません。
言ってはいけないことを言ってしまい・・・
確かに、母上さんはわがままかもしれないけど
それを言ってもきっと母上さんは納得できずに
ただ、傷つくだけでしょうし・・・。

相手の気持ちを想像し共感するのは
大変難しいことなんですけど
せめてそう言うことができるように努力はしたいです。
難しいですけど・・・。
非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mira

Author:mira
パートの介護職のへタレおばさん。
そして
ちょっぴりヲタクが自慢。
私の知識の80パーセントは
マンガからきています♪
(リンクご希望の際は、ご一報下さいませ。
そして、無断トラックバックはお断りしております。
TBの際にもご一報くださいませ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ♪

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。