スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注:うわぁ~な話

2013.06.19 10:26|仕事
ええっと・・・
今回の記事は大変「不衛生」かつ「職業病」の
うわぁ~な記事になると思うので。
そういった内容に免疫のない方は読まない方が
お体のためと思います・・・
なので「読んで気分が悪くなった!」という
ご批判のコメント・メールは遠慮させていただきます・・。


毎日毎日、職場で思うのは。
認知症であろうと、統合失調症であろうと
みな、必死で今の状況に適合しようと
自分なりの努力をしているということ。
時々、その姿に感動してしまう。

(以下、ちょっとリアルな表現があるかとおもいます)
朝、ある方の部屋に着替えを取りに行くと
その部屋は・・すさまじい臭いだった。
その方(女性)はベッドに座り、とても可愛らしい笑顔で
「朝からね、大変だったんだよ。」と言う。
「どうしたんですか?」と聞くと
「トイレね、掃除したの。汚しちゃったからね。」
嫌な予感。「そうなんですか。」すさまじい臭い。
「汚したままじゃいけないからね。だって掃除してくれる
人にわるいでしょ。自分が汚したんだから、自分で掃除しないと。」
嫌な予感、すさまじい臭い。
その方の服をざっと見ると・・やはり、いろいろ付いてる。
茶色になってる。うひゃ、ベッドにも付いてるよ。べったり。

頭の中で、次の行動を冷静に考える。
まず、この方をシャワー。その間に着替え準備。
そして、汚れたものすべて洗濯、それからトイレの確認・・。
ここで、大きな声を出したり、騒いだり、責めたりしたら
この方は混乱し激しく拒否し、かえって被害が広がる、多分。

「あ、今日、お風呂の日でしたね~。」こちらも負けずに笑顔。
「そうだったっけ?」
「そうですよ。入浴の職員がお風呂作ってましたよ~。」
「今日、お風呂だっけ?」「そうそう」
「昨日入ったよ。今日も?」
本当は違うけどそういう事にしておいて。
「そう、今日も。トイレ掃除で疲れたでしょう~ゆっくり
汗を流してくださいな~着替えはお持ちしますから~」
「そうかぁ。」とてもかわいらしい笑顔でその方はゆっくりと
立ち上がったので・・ほっとして、お風呂場まで案内する。
入浴スタッフには事の詳細を説明し、とりあえずお願いし・・
ダッシュでその方の部屋に戻る。

うわぁ~すごいなぁ・・・。手袋、マスク、スリッパも変えて完全防備。
シーツ、バスタオル、掛布団カバー、枕カバー・・やられたよ・・。
次々にはがして袋にまとめ、最大の難関、トイレを覗くと。
うわぁ~ここまでの光景は見たことがない。
想像するに。
BENを下着に漏らしてしまい。それをトイレの便器で洗い。
そうしたら、便器周りまで汚してしまい。
その、汚れた下着で周り全部を一生懸命!拭いた。
壁も手すりも床も。跡がくっきり、べったり。
そして、洗面所もきれいにしようと。その汚れた下着で。
蛇口も洗面台も茶色くなっている。
で、その下着をバケツに入れた。ってところかな。

雑巾を何枚か使い捨てながらふき取り、
ごしごしと壁や手すりや床を磨き、隅々まで丁寧に消毒をしながら
これからのことを考える。排便コントロールだな。
日中に出るように整腸剤の服薬時間変更をナースに打診し
何時に便が出るかをチェックして、その時間にトイレ誘導し
トイレ介助方法の見直しをすぐに打診。
それから・・朝の見守り強化して・・・。
掃除をこの方だけ早くやってもらって・・・。

拭き取っていきながら、消毒しながら思う。
この方はこの方なりにものすごく必死だったはず。
「自分が汚したから、人に洗わせるなんてわるい」と思いながら。
腰も痛いのに、一生懸命拭いていたんだろうな。
「きれい好き」で「おしゃれ」だからなぁ。
「洗濯はこっちでやるよ。掃除もこっちでやるよ。だから、
○さんはやらなくていいからね。」そう何度か言っても
「全部やってもらって、わるいよ。」いつもあのかわいらしい笑顔で。
でも、クレンザーで顔を洗おうとしたり、
洗濯用の石鹸を砂糖だと思ったり・・・・。
いつも洗濯物を畳む仕事だけで。
「あんたたちに世話になってわるいね。」そう思い続けてる。

私も多分そうなるだろうなーとぼんやりと思う。
「○さんは今まで、人の世話をしてきたじゃないですか。
子供の世話やご主人の世話をして。今度は周りが○さんの
お世話をさせていただく番になったんですよ~。」
そう言うと、あのかわいらしい笑顔を見せて
「そうかぁ・・世話になるのに慣れなくてなぁ。」

慣れないだろうなぁ。
何十年と世話し続けてきたんだから。
なんとか、その気持ちを大切にしながらケアしていけたらな~
そんな風に思う。
うわぁ~なことがなるべく無いように。
スポンサーサイト

Comment

お疲れ様でした。

ブログを読んで行くうちに
母のBEN事件のことが蘇ってきました。

ほぼ・・・同じような状況。

私はそれで在宅介護をギブアップしてしまったので・・・。

その状況で相手の気持ちを考えながら
落ち着いて行動で来て
しかも 今後の対策まで考えられるって・・・
やっぱり プロの人は凄いですね。

サンタママさん

そうだったんですか・・。

ご自宅の場合と施設の場合は全然違います。
一人の方をチームプレイで
多角的に介護していくわけですから。
私だって、最低の「家族介護者」でした。
冷静ではいられませんでした・・・。
非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mira

Author:mira
パートの介護職のへタレおばさん。
そして
ちょっぴりヲタクが自慢。
私の知識の80パーセントは
マンガからきています♪
(リンクご希望の際は、ご一報下さいませ。
そして、無断トラックバックはお断りしております。
TBの際にもご一報くださいませ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ♪

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。