スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪柳とお地蔵様

2012.04.29 21:04|実家
ゴールデンウィーク、唯一の休みの、
この土日に、ちょこっと実家行きまして。
目的は墓参り。
しかし~!!
あとで知ったのだけど、福島の気温って・・
今日日本一だったんですな\(◎o◎)/!

まさかの~30度超え!!
激暑!!


あまりの暑さに”ユニク○”に行って
夏服をバカ買いしたぐらい・・・暑い!

うちのお墓は山の中腹にあり、急な階段を
えっちらおっちら、よっこいしょ、どっこいしょ。
あ~あ~なんで、こんなところの墓地を買ったんだよ~と
毎回毎回文句言いつつ15分ほど登って到着。

ふう~~・・・暑い!!

見上げると、葉桜が涼しげに揺れていて。

否が応でも、思いだすのは、父の納骨の日。
父は冬に亡くなったのだけど、納骨の日は春まっ盛りで。
お墓の上に覆いかぶさるように満開の桜が咲いていて。
誰かが「ああ~君のお父様は、この日を選んだんだね。」と
言ったのが、あまりにも白々しかったのを覚えている。
「そうかもしれませんね」と言ったけど、
あの、親父が、そんな粋なことするわけがない。


120429_130000.jpg
実家の庭の満開の雪柳。
暑い中、とても涼しげに咲いていた。


福島の実家では、父の写真の整理を手伝う。
沢山の、沢山の、スナップ写真が発見されたからだ。
大学時代の、友人たち、ゼミ仲間たちと思われる写真。
就職したての緊張した面持ちの写真。
飲み会で砕けた表情の写真。
父の青春時代があふれ出て、私のしらない顔がそこにある。
父という、独りの人間が、たどってきた歴史を
この沢山の写真は語りかけてくる。

どれも、写真の裏や貼ってあるアルバムに、細か~い字で
一緒に写っている人の名前や年月や場所が書いてあるのだけど、
そのどれも・・うちの家族は聞いた事がないものばかり。
友人の名も、父の兄弟に聞いても、「わからない」という状態。

その中に、とりわけ、とても古い写真があった。

多分、戦前。小学1年生ぐらいの男の子が二人、
写真館で撮影されて緊張した、あどけない顔。
もしかしたら、父が持ち歩いていたらしく、
ちょっとキズが多く、写真もやわらかくなっている。
大切な写真だったのだろうと思われる。
でも・・でも、裏に書いてある名前も擦れてもう判読できず、
母も父の兄弟もこの写真を見た事がなく。
いつ・だれ・どこ・・・何もわからないまま
この写真の子供たちの時間は止まっていた。

ああ・・・
「人が亡くなる」ということは、
その人の歴史が、こうやって、過去に葬られてしまうこと。
これが、人が亡くなるということなんだろう。
この人の歴史が、人の心から徐々に消えていくことが
「死」ということなんだろうな・・・
この写真の子供たちの事を知る人は、
ここには、いないのだから。

古い写真は、その時間だけを切り取り
あとのすべてをこちらにゆだねている。


120429_134710.jpg

母が、持ち前の器用さで、ちりめんでお地蔵様を作っていた。
あまりの可愛さ!!に一つ、無理に頂いてきた。
(右側のお地蔵様)可愛いと~おもいません???


父についての心の整理はまだまだ、つきそうにないが、
あの声と表情は忘れたくないと・・
思うようには、なった。





スポンサーサイト

すっぱりお姉さま

2012.04.28 23:19|仕事
昨日は‥
夜7時から10時まで定例全体研修
あーんど、カンファレンス。
簡単に言えば、会議でした‥
研修内容は、先日講習を受けた方からの報告会。
これはいいのだけど!
(認知症対応のなかなか面白い話だった)
ほんとイヤになっちゃうのが「社長の話」
今回の内容は
「西城秀樹はなぜまた倒れたか」と
「なぜ某芸能人は自称占い師を信じたか」
要約すると、
ヒデキ~の話は、゛周りの人が
食事や体調管理をチェックすることは大切だ゛と。
もう一つの話題は゛信じる相手を見極めないと
大変な事になる゛
この話題で‥

1時間!!

1時間黙って聞いていなくちゃならない‥
お腹はすくし(夕飯食べてなかった)
静かだし、変にあったかいし
睡魔との戦いが始まり。
たのむ‥たのむ‥
早く終わって~(ToT)
話しあわなくちゃいけない事が
たくさんあるのよ‥
(+.+)(-.-)(_ _)…

はっ(*'o'*)

「なので、皆様も気を引き締めて‥」
まだ終わってない‥

その時、物事をはっきりすっぱり言う
60代のお姉さまが
「はい、ありがとうございました。拍手~」
と仕切った!

割れんばかり~ヽ('ー`)ノ~
拍手喝采!

よかった!よかった!
終わってよかった!


さっすが、年の功ですわ!
社長も苦笑い、の照れ笑い~

私はこのお姉さまが大好きでして。
何か、‥嫌な事を、すっぱりと
この方から言われても
なーんか素直に受け止めちゃう魅力がある。
やはり、ネチネチしてないのが、すごくいいです。

会議後、この方から
「みらさん、シフト、ちょっぴり
無理しちゃった‥ごめんね」
とシフト表渡され、
いやいや~お姉さまの頼みなら‥
と、照れ照れでうけとると‥

え‥えっ?
あの、私、
この時間帯の業務‥
もう半年もやってないんですけど?!
という、ありえない時間帯のシフトが入ってる。
「あの、これ、」
「お願い、業務内容は伝えるわ!」
と去って行った‥

や、
やられたぁ~!!


まぁ、他ならぬ、お姉さまの頼み‥
勉強になるし‥
上司や社長が同じ事言ったら
ムカつくのに、
「仕方ないか‥人員不足!」
なーんて思ってしまう
そして、思わせてしまう
なかなか素敵なお姉さまなのでした‥

しかし…

果たして、半年ぶりの仕事、業務内容聞いて
スムーズにできるかしらん???
って、受けたからには、やるしかないか!
(・_*)\ペチ

今月の映画~♪

2012.04.27 08:47|エンタ
今月は何本か映画を観る事が出来ました~♪

1つ目
「シャーロックホームズ」
D113571295.jpg

これは、先月観た
「シャーロックホームズ シャドウゲーム」が
予想以上に~~!!面白かったので、
シリーズの最初を観なくちゃ!と息子と借りてきました。
期待を裏切らず!面白かったですわ(^◇^)
おかげで、パートⅡの不明な部分がようやく繋がりました。

そうだな~・・ネット評価にあったようにノリは完全に
「ルパン3世」!!
そういうのがお好きな方にはおすすめ~です。
私は嫌いじゃないな~。
映画の醍醐味!!みたいなところがあって。


2つ目
「ココニイルコト」
41JZRXB2EZL__SL500_AA300_.jpg
2001年のちょっと古い映画
主演はなんと、「真中瞳」さん。
これは、「自称堺雅人ファンなら、絶対に観ないとだめ!!」
とあるファンの方から一押しされ
「堺さんが全国区になった作品!!」と言われ続け・・
ようやく観る機会ができました。
(ただし、堺さん、大阪弁がちょっと下手だよ~とも言われた)

ストーリーは、もろもろあって心に傷を持ったOLが
大阪転勤になって、そこで出会った楽天家な同僚と知りあって~~
といった、”ヒューマンドラマ”
実際にあった話が元になっているそうなので地味な展開の話。
この「楽天家な同僚」の前野君を堺さんがやっているんだけど
やっぱり、すごくいい。
無邪気ですご~~く明るくて、それでいて、心の傷をみせないように
「まぁ、ええんとちゃいますか。」。
笑顔がすごく無垢で、透き通っているような・・
そしてとてもせつないラスト、そして、最後の最後に
「や、やられた~!!」・・でした。


3つ目
「キサラギ」
D112260086.jpg
2007年の映画。
いろ~んな賞をとったので有名ですな。
実は私は前に観た事があったのだけど旦那が観たいというので
また借りてきちゃいました。
出演者がすごいメンツです。
小栗旬・ユースけサンタマリア・小出恵介・香川照之・塚地武雅
と、この5人!
この5人集まっての密室劇、とくれば、つまらないわけない!!
一人一人、個性が出ていて、よかった!!
個人的には香川さんと小出さんがよかったです。
今、小出さんはビシッと朝ドラ出てますが、
昔は結構華奢だったのね~としみじみ。
えっと、この話は、ストーリーを言うとネタばれしそうなので
やめときます。ちなみに、ネット評価は真っ二つ!
面白い。か、つまらない。
私は面白かったです\(^o^)/


某大手レンタル屋さんが「旧作100円」を展開してくれる御蔭で
いろいろと古い作品に、気軽に手を出せるようになりました。

来月は何観ようかな~♪


――DKお弁当コーナー――
家に帰って、布団にごろ~っと横になり
PSPを握りしめて大爆睡している・・息子。
旦那から「よんのじがため」をくらっておりました。
むさいな~・・

今日のおかずは、シューマイ・ミニお好み焼き・
ニンジンとピーマンのきんぴら
わかめご飯。

「おかかふりかけご飯がすんごく美味しい!!」
と興奮して言うのだけど、
おかーさんのおかずをほめんかい!!(怒)

リビング象さん

2012.04.26 10:13|家族
終わりましたぁ・・
家庭訪問、無事に、終わりました\(◎o◎)/!

朝から掃除すること3時間。
リビングにあったストーブやら簡易椅子やら
パジャマやらひざかけやら
着る毛布やら旦那のウインドブレーカーやら
旦那の服やらベルトやらパーカやらフリースやら
子供が工作で作った数点の作品やら
子供が技術で作ったラジオやら
沖縄土産やら(シーサー)福島土産(あかべこ~首ふり~)やら
インド土産(象の置物5個~5個!5個!うちのリビング象だらけ)やら
あんなもの~こんなもの~を
よいしょ、よいしょと2階の部屋へ。

ああ・・・頼む、せんせい~
「お子さんの勉強部屋を見せて下さい。」
などとは、言わないで~と
本気で!!祈りつつ。
(転校してくる前の小学校で1回言われ
ひえ~っ!!と心臓が止まった・・・マジ・・)

うちのリビングが、実は広い事に気がつきまして。
うわ!なんか、声が響く~!

掃除って上からやるものですな。
ようやく、最近になって、わかってきまして。
ハタキかけて掃除機かけてから拭き、水ぶき
水まいて玄関掃除・トイレ掃除・洗面掃除・窓掃除
はぁぁぁ~・・・

家庭訪問で・・ドラマのように
「うちの子の事についてどう話そうかしら」
などと思った事は一度もなく
ただただ・・どう掃除するかだけを考えている、
ひどい母親でございます。

そして
先生が来てとりとめのない会話をし、10分で終了。
「宿題が出ます。提出して下さいね。」で終わり。

はぁ~!
この10分のために、3時間掃除したの~私!!
私って偉い!!
なんて、偉いんだ・・・

きれいになったままのリビングで
ぼ~・・としていると旦那帰宅。
「こんなにきれいになるなら、毎週先生に来てもらうか。」

遠慮しときます・・・はい。

2階から象を5匹おろしてきて、
またせまくなったリビングでありました・・・。


――DKお弁当コーナー――
息子が、帰ってきてお弁当箱を出さない。
今朝になっても出さない。
「今日、お弁当、無しね。」
「なんで?」
「だって、弁当箱出てないもの。」
青ざめた息子、朝ご飯食べた後にあわてて出し、
一人洗っている。「今日、弁当なしかよ~、え~、まじかよ~」
「今洗っているんじゃ、作れないじゃない。」
「え~・・腹減るよ~・・」半泣き。
そこで、じゃ~ん、実は違う弁当箱に作ってつめてました。
「今回だけだぞ~」
「うん、」
「次回から、弁当箱出さなかったら、マジ作らない。」
「うへ~わかったよ~!」

今日のおかずは、ハンバーグ・粉ふきいもカレー味・野菜炒め
鮭ふりかけご飯。
手抜きでも、堂々とするようになってきた!!

あうあうああ~

2012.04.25 11:21|雑感
え・・・
ブログを読んでくださってる方には
もしかしたら・・ばればれかもしれませんが。

ここ最近、気分がめちゃくちゃで
(ブログもひどいね!あ~ひどいもんだ)
その最悪にひどい気分に振り回されていた時に
結構、突っ走ってしまって。
結構、やっちまって。
人の話が耳に届かない状態だった・・とはいえ
若い時よりはまし・・とはいえ
ひどいな・・・こりゃ。
そういう時って、なぜか強気で行動するんで
人間関係も部屋の中も日常生活も散乱状態。

今、少々、何とか冷静になってきて
その現実を見られるようになり
特に散乱した人間関係を目の当たりにして
「あうあうああ~!!」叫んでおります。

まったく・・・
40も過ぎて、いったい、いつになったら
大人になれるんでございましょう。
自分にあきれっぱなし。
耳ふさいで、声出して
「あ~、また、黒歴史!!」
「私、なにやってんの??」
「ばっかじゃないの!」
自分につっこみ・・はい、バカですわ。
何回繰り返しているのやら・・やら・・やら・・

それでも、仕事は休まずに行き
仕事場に行くと「仕事スイッチ」ががっちゃ~んと入り
別人格作動!!で笑顔で接客!ができるのは、
ちょっとは成長した印かもしれませぬが・・


何よりも
ブログを読んで下さった方、
励まして下さった方、
ご心配をおかけしました。
すいませんでした。

本当にありがとうございます。



――DKお弁当コーナー――
お弁当用に、小さくて深いフライパンを購入。
なんだか、凄く便利!!温まるのがとっても早いですわ。
ほんの少しお弁当づくりの憂鬱感が減ったかな。
でも、レパートリーは・・増えない(涙)
今日のおかずは
ウィンナーと野菜の炒め物・ミートボール・ちくわの甘辛煮
かつおふりかけご飯。
生野菜はイヤ・・というDKからの要望で
野菜炒めばっかりです・・これでいいのか?

笑って・・・

2012.04.24 10:01|エンタ
え~っと、先週の「笑って・・」に堺さんが
出ました~!!
2年ぶりぐらいかな。
よかった~、7:3じゃなくて!!

cap083.jpg

ずきゅ~ん!!

や・・やられた・・・・


録画したのを見ていると、旦那に
「何回見ているんだ!!」と怒られた・・・
へへ~。妬いてるの~??
「いや~堺さんって、おにーさん(旦那の事)に似てるな、と。」
「そうか・・?」
ええ~、目が二つあるところなんてそっくりでございます。


――DKお弁当コーナー――
友達の友達がみな友達になってきて
結構楽しそうな毎日。
「今度友達になった奴さ~
将来ガンダムを作るんだって。」
そうか・・頑張れ!ガンヲタの私は心から応援するぞ。

今日のお弁当のおかずは、ツナと野菜の炒め物・鶏から・
カニカマ玉子(カニ玉じゃないよ)すき焼きふりかけご飯。
だんだん手抜きになってきた・・・

お掃除と「ぎょにそ」

2012.04.23 10:40|家族
back to the daily life~

あ~、めんどくさいこの時期がやってまいりました。
何かと言うと・・家庭訪問!!
中学でもあるんですよ、家庭訪問。
(あったかな・・私の時?なかったように思うんだけど)
掃除が苦手、毎日、いやいや~ながらやってますが
力を入れて、すみずみまで!やらなくちゃな~
と・・思うだけで、テンション低空飛行。
なんか、ハイになる音楽をガンガンかけて
むりやり~、むりやり~にテンションあげていると
こんどは止まらなくなって、
いわゆる「掃除の神様が降りてきた」状態に。

そんな、先生はクローゼットの隅のホコリまで見ないだろ~!
とは、思うのだけど、
もう、心も手も止まらない、止まらない。
御蔭で・・仕事に遅刻しそうになったりして・・
危ない、あぶない。
日ごろからちょくちょく出来る方が羨ましい、ホント。
掃除ベタなんだよな・・・
片づけベタなんだよな・・・
毎日やっていればいいんだけど、
「いや~掃除しなくても死なないし。」なんて
後回しにするから、こうなる・・うっうっ(涙)

これが、仕事となると、掃除も全然嫌いじゃなくて。
訪問介護で掃除に入ると、
かっちゃん!!と「仕事スイッチ」が入りまして
こんな私でも、ばりばり~!と動きはじめます。
(ちなみに、掃除の依頼はすご~く多いのです。
やっぱり、重労働だから。)
「みらさんは、掃除がすごいってイメージがあるわ~」
と同僚から言われ・・自分の変わりようにぞぉぉぉ~
「家では掃除嫌いなんだよ~」と言っても
「うそ~、ご謙遜を~」
だいたい、信じてもらえない。
もしかしたら、お金をもらえたら、「仕事スイッチ」が
入るのかも??

あ~、今日は雨だから!
ガラス拭きは、明日にまわそう。
今週の家庭訪問までに、なんとか少しずつやらねば・・
ファブリー○も買って来なくちゃ・・


――DKお弁当コーナー――
「雨だから、車で駅まで送って~」
あのね、私が高校生の時は、雨でも
カッパ来て自転車乗って坂道上がって行ったの。
なに、甘えた事言っているの!
「でも、もう、電車間に合わない~」
ぶつぶつぶつぶつ~言いながら、結局車で送った私。
甘いな~、反省。

今日のおかずは
春巻き・ウィンナー入り野菜炒め・魚肉ソーセージの
バター焼き・かつおふりかけご飯。
ところで、魚肉ソーセージって「ぎょにそ」って言うそうだ。
初めて知った・・・
「ぎょにそ」・・う~ん、不思議な響きだわ。



残念ながら

2012.04.22 17:23|雑感
こんな話をするのは
私なりにすごく残念なのですが。

人間って
言葉のみのコミュニケーションでは
その人の事を1~2割しか伝わらないそうです。
残りの8~9割は、姿や態度で、
(服装・髪型・目つき・声の抑揚・しゃべり方・
手足の組み方・表情・・・などなど)
「私は今こういうことを考えている、こういう人間です」
と言うことを伝えているそうです。

なので、言語のみで語られるブログから、
「みらさんってこういう人なんだ」とうける印象は
私の1~2割ということになります。
その印象から私の姿を作り
「そんな事を言う人だとは思わなかった。」
「そんな考えを持っている人だと思わなかった。」
と・・・こちらに言われても、
非常に残念ながら・・
私としては、対処のしようがありません。

私は、「そんな事を言う人」なんです。
そんな軽薄で浅薄な人間なんです。
知ったかぶりで、器の小さい、
料理と掃除が下手で、仕事もミスしまくり
そのくせ態度がでかくて、人を傷つける、
職場の愚痴も、自分を棚に上げて言いまくり、
好きなことしか勉強せず、少し知っていればその気になり
バナナは食べられないし(アレルギーで)
好きな俳優の事はきゃあきゃあ~歳がいもなく騒ぎ
その上、いまだBPDを克服できず
落ち込むとハンパなくて、自暴自棄になり
自分のコントロールにいっぱいいっぱいになってしまう
そんな人間なんです。
(書いていて落ち込んできた・・う~ん、ひどいな、
なんだか、すくいようのない人間のような・・・ううっ(泣))


このブログも
高い志を目指したものではないです。
「私の姿を見て、少しでも多くの人が元気になってくれれば・・」
なんていうものでもないです。
(もちろん、読んだ方が元気が出てくれれば、
私としては、すご~~~~くうれしいけど
そんな事は、ありえないような気がする・・・)
表題にあるように
「おばさんの自動筆記的日記」
つまり、ただのおばさんの思いついた事ダダ漏れ日記です。
もし、このブログがとても、不快な内容だと
お思いの方がいらっしゃいましたら、
相手をせずにスル―されることを
強くお勧めしたします。


私は・・ただ・・
思いついた事を書いて
「あ~、そういうの~わかるわ~」なんて
誰かに共感して頂ければ、うれしいな~ふふふ~
と思っているだけなんです。
そんなコメをいただいては、一人でニヤついている
それだけなんです。

私は、そんな残念な人間なんです。
スイマセン。

泣きごと

2012.04.20 19:24|雑感
ここには、暗い事は書きたくなかったけど
一回だけ、ちょっと。

ちょっとばかり
辛い事があって。

2時間ぐらい、気を失ったように寝て
夜中に目覚めて
朝まで、独り。
そんな一週間。

重い荷物は、一人で持たないで
わけあっていいんだよ、
やさしい人がそう言ってくれたのだけど

どうしてなんだろう

わけあおうとすると
私の荷物は、もっと重くなる。
独りで持っていた方がいいんじゃないかな。
ずっと背負っていれば
そのうち、その重さに慣れて
自由になれるような気がする。

別の人に、そう言うと
「それは、健全ではないですね。」
差し伸べられた手を拒否することは
健全ではないんだ、その時初めて知った。


独りの夜。

聞こえてくるのは、
自分を飲み込んでしまう
水銀のような、重く呼吸できないような
感情の波の音。

見えてくるのは
自分にむけられたナイフを素手で握って止めている
そんな、血だらけの影。

耳も目もふさぎたいのに
鮮やかにあらわれてくる。
「やめて」と叫びたくなる、逃げ出したくなる。

世の中の人が仕事や社会や境遇と闘っているのに
私が闘っているのは、自分。
情けない。
本当に、情けない。
そして、これまで何万回も自分に言い聞かせてきた
言葉を、また、自分にかける。
「仕方がない、これが、私なんだ。」


どこが限界なんだろうな。
どこまで独りで闘えるかな。
どこまで独りで耐えられるかな。

不健全な自分と私。


壁にもたれて座っていると
涙が、窓にたまる結露のように、
何の・・・何の熱い感情もなく
何の悲しい感情もなく
他人事のように
つたって落ちていく。

ああ、もう、大丈夫だ。
涙が出るんだから
もう、大丈夫だ、
そう、思う。


不健全な自分を背負って
また少し、前を見なければならない。
さて、
よっこらしょ。
まだちょっと、重い。

部活は青春だ

2012.04.20 09:30|家族
娘ちゃん、中学に入って悩んでいたのが・・
やっぱり、部活。

運動は
「はぁ~・・・うん、人には向き不向きがあるもんね」
そんな状態。

一番の友達が、一番ごり押しする吹奏楽は
「え~っと、楽譜、読めなくもなくもなくもない・・」
という状態。
まぁ、ごり押しされて、吹奏楽部へ見学に行ってきて。
「おか~さん!今日、トロンボーンのマウスピースできた!」
「へ~・・すごいじゃん!」
「友達がね、マウスピースができるまで、何日もかかったのに、
私ね、すぐにできたんだよ、すごいでしょ、ね、すごいでしょ。」
「うん、はじめてにしてはすごいね。」
興奮冷めやらず~大丈夫か?
次の日も、吹奏楽部を見学してきて
「また、やってきたよ~楽しかった!友達はパーカッションやってて
私もやらせてもらって、ぱかぱか~楽しかった~」
「そうか~。」

これは、もう、吹奏楽部かな~・・
親としては・・小学生の時、音楽の授業以外で
楽器に触った事がないのに、大丈夫かい?という当然の心配。
この中学、結構吹奏楽部は地元じゃ結構有名で
と言うことは、当然!入部するとかなり、厳しい毎日!!
入部者が多いし、ポジション争いが激しい。
(上の息子情報・息子の彼女は吹奏楽部だったので詳しいのだ)
へタレな娘ちゃんが3年間続けらるか・・。

でも、ま、青春、汗と涙じゃ\(◎o◎)/!
人間修行じゃ。
切磋琢磨して、強くなれるかも。
おかあさん、吹奏楽部で学んだ事もたくさんあったわ~
なんて、卒業の時、成長した娘を見られるかも。
ここは心を強く持って応援せねば。
上の子だって、やったことなかったのに
いきなり中学で男子バレー部に入ったからな~。
(もっとも、弱小部だったので楽しそうだったけど。)

なんて、思っていると、
「おか~さん、入部届けにはんこちょうだい。」と
持ってきた、その紙には・・・
大きな文字で

「美術部」

ええ~!!
吹奏楽部は??と聞くと、
「やっぱ、やめた。」
なんで??
「きつそうだし。フルートは木管楽器だって知らなかったし。
知らないなら、だめじゃん、とか言われたし。」
なんじゃそりゃ。
美術部は見学したの??と聞くと
「うん、テーマを決めてそれにあった絵を描いたり、
物を作ったりするの。すごく、楽しそう。」
もともと絵を描くのが大好きで、工作が大好きな娘ちゃんなので
やっぱりそこに落ち着いた・・か。


母としては、安心したような。
ちょっとチャレンジしてもらいたかったような。

まぁ、楽しい部活生活を送れれば・・それでいいか・・

ちなみに高校生の息子君はまだ部活が決まってない様子だけど
「どうせ、パソコン部とかでゲームやるんでしょ?」
と、てきと~な事言ったら、顔が青ざめてた。
図星だったらしい・・


――DKお弁当コーナー――
「食堂でパンを買ったりできる??」と聞くと
「売ってるけど、山のような先輩たちをかき分けて
パンをゲットする勇気がないよ~みんな殺気立ってるもん。」
そうだよね、飢えている時の高校生の群れ・・
私もそうだったけど、なりふり構わずだったな~

今日のおかずは
ささみチーズフライ・ニンジンとピーマンのきんぴら
青菜とハム入り卵焼き・鮭ふりかけごはん

そして、これが、息子の好物のピーナッツみそ
120420_100641.jpg
あまくてピーナツがかりっとして美味しいけど、
べたべたして、箸でとりにくいのが難点。

突然に

2012.04.19 09:56|雑感
それは、ある朝のことでございました。
平日の朝、私は10時出勤だったので
のんびりと朝ドラを見、
さて、掃除するか~と思った時に!
「ここか?」
「あ、ここ、さっさと、はじめよう!」
「お~い、重機持ってこ~い!」
という、なんだか、野太い大きな声が聞こえ??
ええ??どこから聞こえるんだ??まさか~・・
と、こっそりカーテンを開けて窓の外を覗いてみると!!
うちの庭に!
うちの庭に~!!!
作業着を着たガテンなおにーさん、おじさん達が3人!
ヘルメットかぶって、しゃべってる!!

あ、うちの庭・・といいますか・・
私の家は賃貸のメゾネットでございます。
2階が子供部屋で1階がリビングのふつ~のメゾネット。
で、小さいながらも庭があって、それは隣と繋がっているので
(隣との区切りがない)
なんだかいつも自由に子供たちが走り回っているのだけど・・

そこに、
ある朝、と、とつぜん!!
みにゆんぼが運び込まれ、
ぐわしゃ=ん!ぐわしゃ=ん!!
と掘り始まった・・!!
私と子供・・当然、おびえて。
だいたい!庭にある洗濯物干しはどうなっているんだ??
と、そ~っと、カーテンを少し開けてみると
物干しは、隅に運ばれて、物干しざおも撤去されてる。
(花粉症のため、外に洗濯物はほしていない)

ぐわしゃ=ん!ぐわしゃ=ん!
「お~い、そっちも掘って!」
ぐわしゃ=ん!
いったい・・・なにごと??
旦那にメールしても、「知らない、大家に聞いてみて」
不動産屋に電話して
「なんだか突然、うちの目の前を掘り始めているんですが・・」
と言うと
「ああ・・お宅の庭にある木をね、撤去して、
お宅の前の畑との間に塀を作るんですよ。少々うるさいですが
きれいになります、よろしくおねがいしま~す。」
で・・電話・・キレた。

事前に・・何も・・聞いてない・・・

私は、声を大にして言いたい!!
こんな事、あっていいのかぁぁぁぁぁ~!!


私は、引っ越した時から、庭にあった木が気に入ってたのにぃ~!
その隣に、前住んでいた人が植えたアジサイがあって、
咲くのを楽しみにしてたのにぃ~!
なんで、突然、こんな事が~!!

とにかく、仕事に行き、帰ってから
おそ~るおそ~る窓の外をみてみると
そこには・・何もかも撤去され、
ただの土の平地が広がっていて。
たしかに・・大家が言う通り・・きれいになった・・

しか~し!!
いくら、ここが大家の持ち物でも
突然に、何の連絡もなく、事前の相談もなく
庭に重機もちこんで、木をやらアジサイやらを掘っていって
いいものなんですかいな??!!

これじゃ・・庭に何か植える事ができないですわ・・
いつ、勝手に掘られるか、わからん!

想像してみて下さいな~・・
突然、自分の庭にガテンな兄さんが、気に入っている木を
掘り始めているって・・・
そうとう、こわいっす!



――DKお弁当コーナー――
「ピーナツみそ、うまいんだけど、食べにくい。」
ともらす、息子。
「2時間目の休み時間、腹減って腹へって・・・
ちょっと、見るだけ、って弁当のふた開けて、あ、みそピーだけ
食べようかな~なんて思ったら、食いにくかった。」

息子よ・・空腹時に弁当を「みるだけ」なんて高等な事
お前には、無理だぞ。

今日のおかずは、鶏肉と野菜のトマトソース煮、
ブロッコリーとハムのおかか炒め・たらこスパゲッティ
わかめごはん。
野菜が多いので、多分息子のテンションは低いであろう・・

はじまった~♪

2012.04.18 11:48|エンタ
とうとう始まっちゃいました~!
って、何が??
もちろん、ドラマ、「リーガル・ハイ」ですよん。
堺さん主役でございま~す~ヽ(^o^)丿

このごろ「堺さん」がきれてきて・・・
あ~、早く見たいぞ、彼のお姿~
と思っていたところで、あの・・あの・・あの・・

髪型!!

固めまくった、あの、7:3・・いや。
もしかして・・・8:2か??

つっこむのよそうかと思ったんだけど、
やっぱり、あーきたら、つっこまざるを得ないじゃないか!!
ぷんぷん。

だからな~フジはな~・・
堺さんの魅力をわかってないんだな~・・・
ちょこっと寝起きの場面があって、ぐっしゃぐしゃの髪型で
そのお姿は、ちょっとよかった(*^_^*)

でも、ストーリーは、わかりやすくて1話完結でいいかも。
ハイになって、しゃべるしゃべるしゃべるしゃべる、
ちょう~ハイテンションで
しゃべりたおす役は、なかなか、おもしろい。
こんなエキセントリックな役、なかったし。
最初は違和感あったけど、みているうちに
「これもありかも~」と。

ある雑誌で、このドラマの台本らしきものを見たんだけど、
すご~いセリフの量。それを早口でまくしたてて
「これ以上早く話すとテロップが出る」という
ギリギリの早さで、時間計りながら、やっているそう。
それでいて、「堺さんは、NGがホントに少ない。」
そうなので・・・どれだけ陰で努力してるか・・
頭、さがります~。
あんなにきゃしゃな体で、あんなにパワフルに役をこなして。
尊敬ですわ。

そういえば、堺さん、フ○イデーに激写!!されたとか。
また恋人できたか~??
去年、ある女優さんと結婚寸前!と言われ
私、すご~く楽しみにしてたのに、破局・・らしく。
今度恋人できたら、ぜひ結婚してほし~!!
なんて思っていたら・・そんな内容ではなくて
「堺雅人!私服が超ダサい!!まるでヲタク!!」
そんなこと・・知っておりました・・よ・・
話題になることか~??
がっくり。

まぁ、映画も何本か撮影中だし。
リーガル・ハイもまとめて撮っているそうだし。
こ~んなに忙しくては、
浮いた話もなかなか出てこないだろうなぁ。
根っからの仕事好きなんでしょうなぁ・・・


よく、どのドラマの堺さんが好きなんですか?
と聞かれるんだけど(ファンの仲間内で)
私の一押しは映画の「ジェネラルルージュの凱旋」の
ジェネラル(速水)役。
ああ~、ちょ~、かっこよかった!!
なので~個人的には、堺さん、お医者さん役やらないかな~
とヨダレ垂らしてます。
もう一回DVD借りてこようかな~(何回見る気じゃ)


――DKお弁当コーナー――
「昨日の弁当、何がおいしかった?」と聞くと
「ふりかけご飯」
・・・・沈・・・
「そうじゃなくて、おかずで、何がおいしかったの?!!」
「ピーナッツみそ」
・・・・撃沈・・・
かあちゃんをほめないと、作んないぞ!!

今日のおかずは
塩じゃけ・ジャガイモと野菜のジャーマンポテト風・鶏から揚げ
のりたまご飯
冷食買いだめした~当分大丈夫(^o^)/

私だって、

2012.04.17 09:55|仕事
先日、朝、職場に行ったら、ロッカールームで
新人さんが「みらさ~ん、助けて下さい~」とほとんど、泣き顔。
「どうしたん??」
「お給料が・・・たりないんですぅ!。」
この新人さんは、まだ試験採用期間なので
給料は現金手渡し状態。
その封筒の”支給額”には6万円(仮、ホントじゃないよ)
って書いてあるのに、中に6千円(仮、ホントじゃないよ)
しか入ってなかったそうだ。
新 「どうしたらいいですかぁ・・」
私 「そりゃ、給料管理してる社長に言うしかないでしょ。」
新 「ええ・・私、言うんですかぁ・・」
私 「言うしかないでしょう~ヒトケタ違うんだもの。」
新 「みらさん、私の代わりに言って下さい~・・
  社長、怖いんだもの、言えないですぅ。ね、お願いしますぅ。
  みらさんなら、社長が怖くないですよね~
  ね~、代わりに言って下さい~お願いしますぅ~」
はぁ???
なんじゃ、そりゃ~~なんで、私が!!
私 「自分の給料でしょ!自分でいいなさ~い!」
新 「それは、わかっているんですけど、そうなんですけど、
  社長が怖いんですぅ。お願いします、ね~
  私、あの社長の前に立つと、何も言えなくなるんですぅ。
  怖くて~、ああ~言えない~ね~みらさん~どうしよう。」

すったもんだ言いあうこと、15分・・・
結局、この新人さんが社長に言いに行くのに付き合う羽目に。
新人さんが社長に、しどろもどろ言っている後ろに立ってまして。
ホント、私、何やっているんだろ。
新人さん、無事に給料をいただきました。
新 「みらさ~ん、ありがとうございます~社長も間違ってたって
  謝ってましたぁ~みらさんが後ろで、にらんでいたおかげです。」


いや、それ、ぜんぜん、ほめてないから!!

最近気がついたのだけど・・・この新人さんから見て私は
「鉄面仮面」の先輩。しゃき~ん!!
何を言われても、何があっても、傷つかない動じない・・
正義はいつも一つ!正義は勝つ!!
「何かあったら、僕と握手!」
そんなイメージを持たれてしまっているようで。


先週だったかな・・・
この新人さんがサ高住のヘルパーに一人で入って、
それについて利用者さんからクレームが来た。
掃除が中途半端だった、というもの。
私とこの新人さんが上司(私より20歳年下)に呼ばれ
(呼ばれた時点でいや~な予感するもんですな)
結構長い時間、結構感情的にぎゃ~ぎゃ~と怒られまして。
「私がクレームが好きだと思っているの??
私が謝ったのよ!あなたたちが、ちゃんとやらないから!!
私がみてないと、てきとーにやってるの?私に恨みでもあるの??」
まぁ、上司が言っている内容を要約すると
新人さんには 「ヘルパーとして入るなら、きっちりと」
私には 「教え方が、中途半端。マニュアルの徹底を」
もっともな事なんだけど・・・
もう少し、穏やかに話して頂ければなぁ・・と思う。

その怒られている間・・・
新人さんはうつむき、嗚咽をこらえ、涙を流しはじめ。

私は・・どうやったら、あのマニュアルを徹底できるか
チェックリストの不備を思い出し、次にヘルパーに入る人への
伝達事項・ヘルパーどうしの反省会をしたほうがいいか
いや~なかなか集まれないから、連絡ノートにどう書くか。
利用者さんへ次からフォローしておかないと・・
などなどを忙しく頭の中が回転していて。

上司のお怒りが終わってすぐ、新人さんに
「チェックリストを見てる??今回の利用者さんのクレームの
”トイレタンクの上のホコリ”と”洗面台の棚のホコリ”
多分チェック項目にあったはずだから。次回から、気をつけて。」
そう言って・・・あ、しまった!!と後悔。
新人さん、泣いた顔でこちらを睨むようにみて
「みらさんは、傷つかないんですかぁ??あんなに、言われて。
私だって、一生懸命やってるんですぅ!それなのに・・」


え~い!!
私だって、傷ついているんだぞ!!
仕事がうまくいってないんだ、
入職して1年ちょっとで、新人の教育係になって。
上司には感情的に、怒られて。
理不尽なことまで言われ、謝らなくちゃいけなくて。
ひどく傷つかないように、努力しているんだぞ!!
あなたのように、泣き言言って、
自分の感情を人にぶつけて整理している
そんな暇なんかないんだ。


私だって、傷ついているんだぞぉ・・ぞぉ・・ぞぉ・・ぞぉ・・
(心のエコー)


なんて言えるはずもなく・・・・
新人さんをなだめて、励ましながら
次の仕事にかかるのでした・・。


はぁ、ここで言って、少し、スッキリしたぁ。


――DKお弁当コーナー――
お弁当、ぽつねんと一人で食べてるの?と聞くと
「いや、なんとなく、友達出来てきた。」
私が、息子君を尊敬しているところは、
無邪気にすぐに友達ができるところ。
転校を3回も経験したからかな~・・・

今日のおかずは、ミニエビフライ・豚ともやしの炒め物
ミニ焼きそば・ピーナッツみそ・かつおふりかけご飯。
ところで、ピーナッツみそ(息子の好物)は全国区なんでしょうか??
ご存じない方、いらっしゃいます・・・??

言ったもん勝ち

2012.04.16 10:28|雑感
なんだかね~・・・
この頃しみじみ思うのが
「言ったもん勝ち!」って本当だな~ということ。
うちの施設の利用者さんのご家族では
「すごく口を出してくるご家族」
「頻繁に来るけど、腰の低いご家族」
「全然顔も見せないご家族」
「熱心に勉強されて、いろいろスタッフに聞いてくるご家族」
などなど・・・
いろいろなご家族の姿を見させてもらっているけど、
やっぱり「すごく口を出してくるご家族」がいらっしゃると
スタッフに、ぱき~~ん!!という緊張が走っていくのが
目に見えて(ホント、目に見える!)わかる。

施設の隅々まで見て、少しでも汚れがあったら・・・
利用者さんの服の畳み方が、その方流でなかったら・・・

もう、大変な剣幕でありまして。
「私の母を粗雑に扱う気ですか??
私は大切な母を、ここにあずけているのです、それも
お金を払って、あなたたちを信用して!!」
・・・という、大きな声を聞くことになり。
だから、・・当然、スタッフも、その利用者さんの部屋は
ヘルパーで入った時に・・ど緊張!!しながら
すっみずみ~までピッカピッカに~掃除をし、チェックを重ねて
洗濯物を畳むときは、時間をかけてびし~っと畳むようになりますな。
ずれないように、まるで定規で測ったかのように、びし~っと。
この方の部屋は・・
やっぱり・・他の方よりピカピカ~なのは・・否めないですわ。
他の方の部屋だって同じように掃除している「はず」なんだけど。

この方の影響で
もしかしたら・・・他の方も、遠慮していて、
口を出したいのに出せないでいるのかもしれない!
とスタッフも気づかされ、他の方への気遣いも増えたりする。
(ある意味、いい影響だと思う。)
でも、やっぱり、「言ったもん勝ち」の状況は確実にある。

このズバズバ言う方、昨日、社長と話をしているのを
たまたま聞いたんだけど(お茶出しをしてただけ、盗み聞きじゃないよ)
この調子で、相手が誰だろうと、
ちょっとでもおかしいと思ったらずばずば~!!と言いに行くそうだ。
店でも、銀行でも、役所でも、ケアマネさんにでも、
「自分の扱いが不当だ」と思ったら
「こちらは客ですよ!その不当と思われる扱いの根拠は何ですか??」
みたいな感じで・・はっきりと、直に、言わずにいられないそうで。
「ずいぶん待遇改善に貢献してきたと思います。」
ときっぱり、自信たっぷりに、おっしゃっていらっしゃいました。
すごいわ~・・・

正論だわ、ホント。
だいたいの方は、介護施設なんかだと
「親を預かってもらっている・・」みたいな考えの方が多くて
言いたい事を我慢している事が多いのも、事実で。
こちらは言ってもらった方が(多少愚痴は増えるとしても)
相手が何を考えているかわかるので、やりやすいけど。

それでも、どこまで自分の考えを主張したらいいのか~。
言った方がいいのか・・。
それとも、ただの我ままなんじゃないか・・。
いやいや~・・・きちんと言った方が相手のためになるかも・・。
でも、「すごく変な人」にみられちゃうんじゃないか・・。
なんて、考えても仕方ないのに考えてしまうので、
なかなか、ずばばば~っと言えない。

マクドナル○で、「アイスティー」を頼んだのに
「コーラ」が出てきて。
「でも、まぁ、たまにはコーラでもいいか。」
と自分を納得させてしまう、ちっちゃい自分。
やっぱり、言えば良かったかなぁ。
もし、言ってたら、何かいい事あったかなぁ。



――DKお弁当コーナー――
今朝、息子いわく
「あのさ、毎日、弁当のふたに海苔がくっついて
取れないんだけど、ご飯を少し減らして、ふたにつかないように
海苔を敷いてくれない??」
え=!!そんな事に気を使わなくちゃいけないの??
「そのぐらい、文句言わないの=!!
頑張ってふたから海苔を取りなさい!!」
今日のおかずは、牛肉コロッケ・青梗菜とニンジンの炒め物
ちくわの照り焼き、鶏そぼろご飯。
こちらは、苦手なお弁当づくりしてるんだぞ、
文句は受け付けまへん!!

ヒデキ!カンゲキ!

2012.04.13 10:43|エンタ
今日は、私の友達の誕生日なんだけど
(おめでとう!ヽ(^o^)丿)
その友達が「私、西城秀樹と同じ誕生日なんだ。」と
昔教えてくれたのを、何だかわからないけど
すご~~~く覚えている。
毎年、この日が来ると、あ、西城秀樹も誕生日だ
と、あんまり理由なく思ったりして。

私が小学生のころは大人気の大スターでありました。
「御三家」ってありましたよね~。
野口五郎と郷ひろみと西城秀樹、誰が好き??となると
私の周りでは、圧倒的にヒデキが一番で!
(私は特に誰のファンでもなかったけど)
ヒデキが「ローラー!!」と叫ぶと「きゃー!」だったし、
ヒデキが
「やめろと言われても(ヒデキ!)いまでは遅すぎた(ヒデキ!)」
と歌うと、ヒデキコールを叫ぶのに一生懸命だったし。
「ブーメラン、ブーメラン、ブーメラン、♪」なんてのも
鮮明に覚えてる。わかりやすい曲がいいね~。
小学生の時、学校へ登校する時友達と歌ったのは
ヒデキかピンクレディで、盛り上がって盛り上がって。
やっぱり、振り付けがあると子供にうけるんじゃないのかな。
「ザ・ベストテン」とか「夜のヒットパレード」とか
「8時だよ、全員集合!」とかテレビがすご~く
面白い時代だったから(昭和だ・・)
ヒデキの衣装とか、ヒデキのギャグとかみんな話題にして。
私は「ブーツを脱いで朝食を」が好きだったのだけど
わかる人・・・いるかしら・・・
(もしかして、この話題、若い人にはちんぷんかんぷん??
心配になってきた・・・)
そろそろヒデキを卒業かな~なんて歳にど=んと来たのが
「Y.M.C.A.」で。
ド派手な衣装で(アメリカンだったな~)ド派手な盛り上がり、
そしてすごくわかりやすい振り付けですごく流行った!
Y.M.C.A.の意味もわからないまま歌って真似したりして。

あと、覚えているのが、ドラマ。
「寺内貫太郎一家」ですね~!!
お父さん役の小林亜星さんとの喧嘩がすごく印象深くて。
でも、このドラマ、なんか・・食事シーンが多かったような。
鮮明に覚えているのが、テーブル?ちゃぶ台?に全員並んで
朝ご飯を食べていて
「昨日のカレーがあるよ。」といって大きな鍋を出してくるシーン。
「ドラマ」は現実と全然離れたところにあると思っていたので
昨日のうちでの会話がそのまま出てきて、すごく驚いた!
でも、まぁ、あんな激しいケンカはうちではなかったけど。
庭にまで飛び出してまでケンカして、
ヒデキってすごいな~・・・なんて思ったり。
(「じゅ~り~」と身もだえするおばあさんもおりました)
今ではないドラマですな、あれは。
大スターが体はって大ゲンカするドラマなんて・・・
今考えると、ちょっと凄いわ~

秀樹さん、数年前に脳梗塞をおこされリハビリして復活し!
そして近年再発されたそうで・・・
またリハビリしているように聞きました。
その復活された時、テレビで姿を見ましたが
やっぱり、あの、ヒデキでした!
大スターですね、私たちの年代にとっては。
今日で・・多分、57歳だそうで。
またあのカッコいいヒデキを見てカンゲキしたいな、と思います・・・


――DKお弁当コーナー――
今日は今朝急に
「あ、今日弁当いらないんだった、午前で帰るんだった。」
と息子に言われ・・・
もう、作ってしまった私、激怒、ぷんぷん。
「作ったから!持って行って、駅の待合室ででも食べなさ~い」
と無理に押し付けました。
おかずは、
アジフライ、野菜のかき揚げ、ウィンナーとキャベツの炒め物、
のり2段のご飯。
相変わらず・・レパートリーが少ない私です・・・
(お弁当のメニュー、絶賛大募集中!
よろしくお願いいたしますm(__)m)

素早さと丁寧さ

2012.04.12 09:20|仕事
この2月に入った新人さん・・・
2か月ぐらいたって、今、少々慣れて、
だからこそ
ちょっと危ない時期でもあります。

入所者様のパットやオムツ交換は大切なお仕事。
「素早さ」(次の仕事がある!)と
「丁寧さ」(ずれてたら、大惨事になる可能性がある!)が
要求されるお仕事で、私は正直あんまり得意じゃない。
(こんな事おおっぴらに言っていいのかな・・汗、汗)
下の世話なんだから、相手の「恥かしい」という気持ちを配慮して
丁寧にやるのが理想なんだけど・・・
時間をかけてやると、相手への負担が大きくなるわけで。
でも、すばやく雑にやったら意味ないし。

新人さん、就寝介助(寝る準備の手助けですな)をベテラン二人から教わり
一人一人のやり方の手順をなんとか覚え
なんとか一人でできるようになり、やっていたら
「もうちょっと、早く」「早くできないかな?次の仕事があるから」
とベテランさん達に言われ続けるようになり。
「早くできるように、自分で工夫して。」と言われて。
(ド新人を独り立ちさせるのが早すぎかもしれないな~と思う。
就寝介助はいわゆる”中番~準夜勤”の仕事。
人がとても少ないのが・・原因なんだけど)

そして、新人さん、考えた。
オムツやパットをベッドの上にすぐにつけられるように
広げた状態で用意して、
そこに車いすから利用者さんをごろ=と寝せる。
そして、利用者さんのズボンとパンツを脱がせて、
パットとオムツをつければいい・・・
結果
利用者さんのズボンとパンツを脱がせている時に
下に広げていたオムツとパットはずれずれ~にずれ
よれよれ~になり、ぐしゃぐしゃ~になり
時間がない!と焦った新人さん、そのズレずれのまま
パットが丸まったまま、ご~いんに、オムツを締めた。
パジャマのズボンもはかせてしまった。
利用者さんは違和感だらけ。下半身、もこもこ。
そうだよね~
オムツの中に丸まった異物(パット)があるんだもの、
そんな状態、誰だって、想像しただけでいやだいやだ。
しかも、もれもれ大惨事になりかねないし。
肌にもすごく悪いし、違和感で寝つけないし。
利用者さん、「気持ちが悪い、気持ちが悪い」と大声で叫んで。
その声聞いて、ベテランさんが駆けつけて、
もう、驚いて「なによ、これ~!!!」
新人さんは、けろ~っとしていて、
「早くやろうと思ったんです。工夫してみたんです。」
「これじゃ、意味ないでしょう~!!」
オムツの中もひどいだけど
パジャマもぐちゃぐちゃに着せて、お腹は出てるし
ズボンも上まで上がっていない・・・
この状態で反省する様子がない新人さん。
ベテランさんは、もう一回、教え直すことにしたそうだ。

「どうしてこうするのか、理由や意味を教えないと
おそろしい~自己流が出来上がるのね・・」
とベテランさん、グチグチ・グチグチ・・・
そうそう、意味がわかれば、多分、わかってくると思う。
あとは
「雑にやってやり直して2倍の時間かかるなら
丁寧にやって1.5倍の時間で済む方がずっと早い。」
という名言(ブログ友達さんが教えてくれた)を
教えてあげました。
「早く」「はやく!」と新人さんをせかしすぎた様子。
「事故がおこらなくて、本当に良かったよ。」と言うと
ベテランさん、おびえた表情になって
「本当だ・・このぐらいで済んでよかったかも・・」

新人の教育は「適当に自分がやっている事を教える」
では済まないです、はい。

――DK(男子高校生)お弁当コーナー――
今日のお弁当は
ミニハンバーグ・キャベツと野菜の中華風炒め物・カニカマ卵巻き
竹の子ごはん
昨日の「ミニミニお好み焼き」はすごく評判がよかったヽ(^o^)丿

すてきなこどものベテラン

2012.04.11 10:07|雑感
今日は金子みすずさんの誕生日だそうだ。
カレンダーを見て、「そっか~」。

今年の1月に東京の「相田みつを美術館」に
”金子みすずと相田みつをの世界”の展示会を見に行きまして。
初めて、みすずさんの直筆の字を見て、
なかなか感慨深かったですね~。
それは、相田さんの、
どこか温かみがある、どっしりとした書とは、
と~っても対照的。
小さな手帳に、非常に繊細で、細い字で、読みやすくて、
き~っちりとそろっている字で綴ってあって、
そこに、みすずさんの姿の一部を見たよう。
かの有名な、「みんなちがってみんないい」とか「こだまでしょうか」とかも
みすずさんの繊細な、読みやすい字で読むと、
押しつけがましくなくて、とつとつと語りかけてくるようで。
そんなに大々的な!「日本人に語りかけてくる詩!!」
みたいな感じではないかもしれないな~と。
・・・あくまでも、私の印象だけど。

みすずさんの詩が、いいな~と思うのは、やっぱり、その視点。

港が大漁でわいている時に、
死んでいった沢山の魚たちに思いを向け。

野原で美しい花達ではなく、
花も咲かせず青々とした芝草に「たのしいねどこ」と語りかけ。
(美しい花ばかりだと、ねどこがなくなってしまう!)

散っていった花のたましいの行方を思ったり、
野原の土に、草が茂ったら自分は見えなくなるのに、
それでも草を育てるんだね、と母の思いを見たり。

小さいもの、見えないもの、
皆が気がつかないものに視点をあわせて、
澄んだ瞳で見つめている「すてきなこどものベテラン」
その通り、とても、素敵。


みすずさんは26歳で、自死の道を選んだのは
知ってましたが・・・自死する直前の
たしか・・前日だったかな??の写真が展示されてました。
写真館で撮ったもの。
カメラを・・・こちらを、きりっと見つめ
揺るぎない、動じない、強い女性がそこにいて。
そこには、ものすごく強い意志を感じました。
みすずさんの詩から感じる、やさしい目線も
その奥にはこの強い意志があるからこそなんだな、と。
ちいさきものを守るための強さが伝わってきて。


みすずさんがなぜ自死を選んだのかは・・・
離婚したご主人が娘さんの親権を主張し、
(男性の主張が強かった時代)
娘を自分の母に託すことを懇願する遺書を残して
抗議の自殺を行った、と言われています。
それでも26歳の死、早すぎだな~と
しみじみ思いますわ・・・
もっと、もっと、いろんな詩が読みたかった。


皆さま、手に取る機会があったら、
ぜひ、みすずさんの詩に触れてくださいませ。
ちいさきもの、かよわきもの、みえないものから視点は
とても新鮮で、やわらか~い気持ちになれると思います。



――DK(男子高校生)の今日のお弁当のコーナー――
ミニミニお好み焼き、青梗菜とニンジンの炒め物、シューマイ、おしんこ
おかか・のりご飯
ミニミニお好み焼き、結構うまくできたぁ!
(自画自賛しないと、心が折れるのよ~(*_*))

桜の下で

2012.04.10 09:08|家族
思い出話を綴っているうちに
うちの子供二人が無事入学しました。

先週の金曜日に下の娘ちゃん。
クラス発表で、なんといちば~ん仲がいい友達と
同じクラスになり、大さわぎ、大さわぎ\(◎o◎)/!
「きゃ=!」「うれし=!」
「うそ=!」「うわ=!」
「やった=!」「やった=!」
「おなじ=!」「おなじだ=!」
二人、全速力で新しいクラスへ走っていきまして。
私は娘に新しい環境で新しい友達を自力で作ってほしかったので
(あんまり積極的な子ではないので、厳しい環境を望んでた)
少々考える所はあったけど・・
まぁ、あんなに喜んでいるから、いいか。

それにしても、こういう「式」一番私が苦手なのが
いわゆるママ友達さんとの、あいさつやら、会話やら。
「あら、みらさん、久しぶり~」
「どうも、本当にひさしぶり~」
「となり、座っていもいい?」 「どうぞ~」
その後が続かない・・・もともと親しいわけでもないし。
だいたい、娘や息子が友達の話をしても「へ~」としか
聞いていないので、この人に関する情報もあんまりないから
何話していいんだか~地雷ふんだら大変だっし~~
で、「寒いですね~」「ホントね~」なんて
しらっじらしい~うすら寒い会話をしている時に
「ああ~!みらさ~ん、よかった~知っている人がいて~!
知らない人ばっかりで、どうしようかと思ったわ~」
「あ、久しぶり。」
・・・周りが知らない人だと、そんなに不安なんですか?と
私はつっこみたい!
一人だと静かなのに、仲間内で固まるとパワーアップしちゃって
式の間も「みて、うちの子、緊張してる~!!」とか
平気で、周りの迷惑に気がつかずに会話する方々。
先生の悪口やら、自分の子の自慢やら、ノンストップなお口。
はぁ・・・いやだいやだ・・・・
「みらさん、役員受けたんだってね~」
「ええ?あんなの断ればいいのに。」
「私なんか、電話出てすぐにピンと来て、”私、無理無理!”
って即答しちゃったよ。」
「みらさん、やさしいね~すごいよね~」

(・・心の声・・)
はい、偉いでしょう!!私!
もう帰りたいぞ・・・


大人の私は、そつなくこの会話をこなし、
疲れきって中学入学式を終えたのでした・・・。


そして、昨日は息子の高校の入学式。
こちらは、同じ中学から10人しか入学していないので
すっご~く、気が楽。
知ってる人にちょこっとあいさつして、終わり。
あ~、何カ月か前には、ここに入りたいって
合格可能性が低いのに、やっぱり諦めたくないって、
そんな事話してた、その高校に、
息子入学出来たんだぁぁぁぁ~と感慨もひとしお。
でも、ゴールじゃないぞ、スタートだぞ、息子よ・・・
入場の時に泣いている女の子もいて、感激してるんだな、と思う。
息子君、もちろん誰も知った顔がないクラスで
初日は「ポツネ~ン」としてたそうで。
へへへ、友達なんて嫌でも出来る、高校の友達は一生もんだぞ。

私、驚いたのですが。
なんと、高校にも「PTA役員」なるものがあるんですなぁ。
あの、全員顔を下向けて当たらないように~当たらないように~
祈っているあの、いや~な状態。
これが・・高校でもあるとは、ねぇ(-_-;)
うちのクラスは幸いなことに
積極的な方がいらして5分で終わったけど、隣のクラスは
なかなか決まらず・・帰れない様子。大変だわ。

いろいろあったけど、天気は最高に!よくて
あたたかくて気持ちのいい~入学式になりました。
120409_083137.jpg
高校の中庭の満開の桜

さて、私も「男子高校生の母」1年生。
お弁当づくりが、すご~く苦手な私でございます。
(きれいに作ると「質より量だよ!少ない!」と言われる)
今日のお弁当は
野菜炒め・春巻き・小松菜入り卵焼き・おしんこ・わかめご飯でした。

あふれ出てくる、あの時の、(3)

2012.04.08 21:40|仕事
あの方の要求、要望は多く、
頻繁に、頻繁に、スタッフが呼ばれた。
「カーテンを少ししめてほしい。」
「車いすをもう少し右にずらしてほしい。」
「落ちたひざかけを拾ってかけてほしい。」
「寒いので上着を部屋から持ってきてほしい。」
「トイレに行きたい。」
それもすぐにスタッフが来て要求を満たされないと
すぐに物を投げ、叫ぶ「いとう!このばか!早くきらっせ!」
そして、手が空いてこの方の方へ向かうと、
ものすごい形相で、こちらをにらみ、お茶をかけてくる。
「早くきらっせ、呼んだら、すぐにきらっせ!」
靴が飛んでくる、湯呑が飛んでくる、ティッシュ箱が飛んでくる
「何してんだ、早く来い!」
新人さんはみな、この方のそばに寄らなかった。
怖いのだと言っていた。

完全無視するスタッフもいた。
「時間をあの人に取られたくない。」
私は一つ一つ対応し、
「あなたが対応するから、我ままになるのよ。」
と言われ・・スタッフの足並みがそろわなかった。

とうとう、この方は、ベッドから転落した。
夜トイレに行こうとした。
あの足では無理なのに、パットも紙パンツも履いていているのに
どうしてもトイレに行こうとしていた。
コールを鳴らすことなく、自力で。
股関節の骨折、入院、そして、そこで肺炎をおこし
1カ月後に施設に戻ってきた。

がりがりにやせた姿だった。
「病院のメシは不味い。食えるか、あんなもん。」
声が出ず、ささやくような声で、私の耳元で話した。
痩せたせいで、入れ歯が合わなくなって
入れ歯を入れると、ものすごく痛がった。
新しい入れ歯を作ることをご家族が拒否し
(「どうせ老い先短いのに、お金をかけたくない」そうだ)
入れ歯なしでやわらかいおかゆ提供となった。ほとんどミキサー食。
それを一口二口食べて「まずくて、くえるか。」と
蚊の鳴くような声で言い、食器を投げた。
お粥もおかずもあたりに散らばった。
あんなに食べていないのに、
よく、あれだけ物を投げる元気があるものだと
スタッフ全員、とても驚いていた。

足がパンパンに張れて(水がたまっていた)
それがしみだしてきて、靴下もズボンもしっとりと濡れた。
足全体に水分吸収体を巻いていた。
もう、体が悲鳴をあげているのは、誰が見てもわかった。

食べる量ががっくりと減り、
起き上がる事も難しくなり、横になっている時間が増えてきた。
ご飯の時間に医者からの指示でエンシュアが提供された。
エンシュアというのは、缶入りの総合栄養剤。
粉ミルクを溶かしたみたいなもので、栄養とカロリーはとれるもの。
(味ははっきり言って、どうしようもなく、不味い。
これが人間の最期の食事なのかと思うと、私は拒否したいぐらいだ)
この方はすごく嫌がっていたが、
「元気になるための薬だと思って、飲んで下さい、お願いします。」
そう言うと、なんとかコップ1杯、飲んで下さった。
「不味い。」声が出ず、息を吐き出すように私に言った。
飲んで下さって、ありがとうございます、
心から私はそう、思った。

「わたしを、みなとに、つれて、いけ、うまい、さかなを、
おまえに、くわせて、やる。」

「わかりました、今度天気がいい時に。」

「いとうさん、うまい、さかな、が、あるんだ、いこう、な、」

「ぜひ。」

「いとうさん、100えん、あるか、わたしの、バッグ、あけて」

いつも手元から離さないバッグを開けると
小銭が無造作に入っていた。
畳にぶちまけて小銭を数えた時の事を思い出す。
「10円玉が・・1,2、3、・・10、100円あります。」

「それで、みずを。」

お金を握り、施設にある自販機で「いろは○」の水を買い、
この方に差し出す。
「いつもの水、買ってきましたよ。飲みますか?開けますよ。」
と差し出すと、

「飲め、おまえ、飲め。」
え??
「○さん、いいですよ、せっかくだから、○さん、飲んで下さい。」

「せわに、なった、いいから、それは、まずくない・・・」
無理に、笑う。
「ありがとうございます。」
私は、それを受け取った。
(後日来たご家族にこの話をし、その水は受け取って下さい
とのことで、私は受け取ることにした)
もう、この方のために出来ることはないのか・・・
そう思うと、悔しかった。

その次の日、とうとうベッドから起き上がることができなくなり
病院に搬送され、入院、施設を退所された。


昨日職場に行くと、スタッフ皆この方の事を話していた。
新聞のおくやみ欄で名前をみた、と。
社長に確認すると、ご家族からもケアマネからも何の連絡もなく
こちらとしては何もできない、とのことだった。
うちの職場からは、誰ひとりきちんと別れのあいさつができなかった。
(通常は、ケアマネかご家族から連絡があり、
職場から希望者が葬儀等に出席する、今まではそうだった)

だから、今日、久しぶりに、
帰るときに寄り道をして、この方の家の前を通った。
何もかも、あの時のまま。
最初の日に締めだされたあの、玄関。
今にもあの方が出てきて、私の車に水をかけてきそうだった。


ありがとうございました。
今沢山の宿題を抱えたまま、私は頭を下げるしかない。
そして
あの時いただいた水、
まだ手をつけていない水に手を合わせる。

ありがとうございました。

合掌。


あふれ出てくる、あの時の、(2)

2012.04.06 21:43|仕事
次々とあふれ出てくる、あの時の、
あの方の姿、声、表情・・・

「みんなみんな、私をばかにしてる!お金が無いからだ!」
(年金や貯金は娘さんが全額管理していた。それが
この方には、とても不満だった)
実際、この方は小銭しか持っておらず、
そのためにこの方の買い物援助は時間がかかった。
買いたいものリストを二人で冷蔵庫・洗面所(洗剤とか)
を一つ一つ確認して決めて、予算を立てて
(え~っと、牛乳が200円、洗剤が250円・・)
そうすると、この方が
10円玉・5円玉・1円玉・100円玉が入った袋を
ざばぁぁぁぁぁ~と畳一面にぶちまける。
そこから、二人で何度も何度も確認しながらお金を拾っていく。
「10円玉20枚で、200円ですよね。」
「え?何枚だ?もう一回数えてみろ!」
「1.2・・・20、確かに、20枚、あります、200円です。
この200円を牛乳代にします。」
「え?あったか?それでいくらだ?いくらになる?」
「200円です、それで、5円玉10枚で50円で・・・」
「5円玉10枚~ホントに10枚あるか?もう一回数えてくれ。」
等々、ご本人が納得するまで、続ける。
そして買い物の優先順位を決めていく・・・
「350円しかありません、牛乳、もずく、納豆、豆腐、洗剤
全部は買えません、どれを買ってきますか??」
そうすると、必ず、「足りない分、お前が出すことはできないのか?」
「すいません、お金、持ってきてないんです・・」
でも、二人で並んで畳の上に正座して、話しながら笑いながら
お金を数えて、買い物を決めている時、
この方はすごく、本当に、本当に、楽しそうだった。
小銭を箱に入れて分別しても、袋に分けて入れても、
この方は必ず小銭を畳いっぱいにぶちまけた。
もしかしたら、わざと、小銭を床にぶちまけていたのかもしれない。
いつも眉間にしわ寄せて、
自分をバカにしている奴を見返してやる、
私は本当は何でも知っていて何でもできるんだぞと
何度も何度も繰り返していた。
でも、この時だけは、子供がゲームをしている時のように
無邪気に、楽しそうに、夢中になって、
お金を数えて買い物を二人で考えてた。
語弊があるかもしれないが・・・
私にとっても、楽しい時間だった。


「私は昔、港町で魚を売ってた。いい魚ばかりだ。うまいぞ!
私を今すぐあの港町へ連れていけ!ガソリン代出すぞ。
いい店を知っているんだ、本物の魚の味を教えてやるから。」
「今、時間がないので・・」
「いつか、いつか、連れて行ってやる、連れてけ!」
機嫌がいい時は、いつもそんな事を、楽しそうに仰っていた。
「いとうさん、お前、結構いい奴だな。」
3か月ぐらいたった時、そうおっしゃった頂けたのが
凄くうれしかった。

夏の暑い日、もう終わる時間になって
それでも、もう少し話を聞いてほしそうな利用者さんに
「スイマセン、次の仕事が、あって、次回また来ます。それでは!」
と言って、玄関を出て車庫の自分の車に乗り込んだ時
この方は、庭の水道に繋がっているホースを持って
こちらに歩いてきて水を出して私の車にかけ始めた。
「わ~!!」
「ほら~、気持ちいいだろ!また、きらっせ~よ!きらっせ~よ!」
(きらっせ、は、来なさいよ、の意味)
子供のように、楽しそうに、水を私の車にかけてきた。


昨年の秋、足を骨折して入院、退院後
独居が難しいと家族が判断し、うちの施設に入所された。
慣れない車いすでの生活、
この方は、不自由さにストレスがたまり、
自分の思うようにしてもらう為に
スタッフを自分の方に呼ぶために、手近なものを投げるようになった。
何度も自分で歩こうとして、車いすから落ちそうになった。
「なんで、ずっとこんなものに乗ってなくちゃいけないんだ!」
いつもいつもそうおっしゃっていた。
「私は歩ける、歩けるはず、ここからおろせよ!!早くおろせ!」
そう言って、手当たりしだいに物を投げた。

スタッフの中では「難しい人」ということになってしまった。
でも、ヘルパーで入っていた数人には、よくわかっていた。
あの方は、シンプルに自分のやりたい事をやりたいだけなのだ。
あの方を難しくしているのは、多分、こちらの方なのだ・・・・。

あの方のストレスをもっと減らす方法があったのではないか。
今でも、そう思う。


あふれ出てくる、あの時の、(1)

2012.04.06 10:01|仕事
介護の仕事は、
人生のラスト付近のステージのお手伝いの仕事が多いので、
当然、当り前だど・・・別れは多い。
そんな事は充分に分かっているし
その方のラストステージだからこそ、
出来る限りの事をしたいと思っている
(少々きれいごとだけど、
基本的にみなそう思っているはず)

でも、だからと言って、別れに慣れる事は、ない。

施設を退所し、入院し、施設に戻れない、
その空き部屋を掃除して、荷物を整理して
すぐに・・・次の方の入所。
スタッフ皆、淡々と、さっさと、作業をする。
新人さんとその作業をしていると
「みらさんは淡々としてるけど、辛くないんですか?」
と聞かれた。

別れが辛くないわけがない。
去って行った方を思わないわけがない。

何度、経験しても。


今朝、地元の「おくやみ」欄に
とても、とても、なじみのあるお名前を見つけた。

あふれでてくる、次々と、頭の中にあらわれてくる
あの時の・・・
あの方の映像・・・表情、歩き方、声、手の感触・・・

それをそのまま、書いてみようと思う。


人に物を投げつける利用者さんだった(女性)。
私の事を「いとうさん!」と呼んで(私はいとうではない)
他の仕事中で「ちょっと待って下さい~」というと
容赦なく、テーブルにあるお茶をかけてくる。
もちろん、濡れる~濡れる。
靴を脱いで、投げてくる(2回あたった!痛かったぁ)
今すぐに、自分の、してほしい事をしてくれないと、容赦ない。
「この!いとう!この!ばか!」
何度、バカと言われたか。
「ばかだから、すぐに駆けつけられないんです~」と
笑いながら言うと、ツボだったらしく大笑いされた。


実は、この方。
ここに入所する前に半年ほど、訪問介護で私はお邪魔していた。
最初に引き継がれた時「この人は、手ごわいから。」と
先輩に言われ、入ってみると・・確かに手ごわい。
「私はお前を知らない!知らない奴は家に入れない!」
から始まった・・・
家に入れないのでは、引き継ぎもまともにできない。
先輩がなだめて、なだめて~くれても、
「私はあんたがいい~なんで、あんな知らない奴が
私の世話をしなくちゃいけないんだよ~!いやだよ~!」
とほとんど泣き声。私はそれを玄関前でずっと聞いていた。
玄関から入ろうとすると「入るんじゃない!!」と怒鳴られて。
それでも、先輩からケア内容を詳しく聞き、
その状態で翌週にはそこに行くことになって
私は、覚悟を決めるしかなかった。
掃除・洗濯・買い物と簡単に言うけれど、
こちらの事を信頼してくれなければ、何もできない。
こんな状態で、なにができるのか。
あの時の緊張感を今でも覚えている。


まず家の呼び鈴を押して、スムーズに相手がでると
相手の第一声にものすご~く!心の底から驚いた!
「金をかせ!買い物したいが、金がない。
500円でいいから、いますぐ金をよこせ!」
へ???
「お金??スイマセン、持ってきてないです。
それに、うち、びんぼーで、貸すほどお金無いです。」
というと・・・しばらく顔を見て
「お前、貧乏なのか??そうか、貧乏なのか・・・」

この方の考え方は、
「私が困っている事を助けると皆言う。私が困っているのは金だ。
金をよこせ、それも、今すぐ。」
非常にシンプルな考え方だった。
「ヘルパーはお金を貸せません」という説明は、私はしなかった。
もう、沢山のひとが・・ケアマネさん、娘さん、サ責、
うちの社長、他のヘルパーさん、そのほか・・・沢山の人が
ヘルパーはお金は貸せないという説明をしていて、
それでも、この方は、理解しなかった。

この方の育ってきた環境では、「困った時はお互い様」で
誰かがお金が無いなら、貸す、そして催促しない。
(催促するのはみっともない!!)
借りた(というかもらった)方は、その代わりに夕飯を作ってあげたり
何かあったら何でも手伝う!それがご近所づきあいだった。

この方が生まれて育って結婚して子育てした町は
そういうご近所づきあいの町だった。
息子が建てた家の離れにこの方は引っ越してきた。
一人暮らしは危ないからと息子が離れまで作ってくれたと喜んで
80歳にして初めて、なじみの町から出た。
だから近所にも全く知り合いはいない。
そしてケアマネさんが「困っている事はなんですか?」と聞いた。
「お金がない、お金を何とかしてくれ。」
そして笑われた。「お金は無理ですよ~」
なんで笑われたのか、この方には理解できなかった。

私は「私はお金が無いんです、すいません。」と言い続けた。
この対応が良かったのか悪かったのか、わからない。
(他のヘルパーさんでお金を貸して、当然お金を
返してくれる事もなく、トラブルになっていた事も知っていた)
私は、この会話が・・・いつも切なかった。
「そうか・・お金無いのか。
すまないな、お前に貸してやるお金が無くて。」
ちょっと首をかしげてすまなそうにしている
あの方の表情が・・・
今でも、鮮やかによみがえる。

とても鮮明に。

思い立ったら

2012.04.05 18:58|エンタ
昨日は
娘ちゃんは、友達たちとデズニーランドへ行ってました!
な、なんと~!!
入塾のキャンペーンの抽選で!
パスポートが2枚当たったのですヽ(^o^)丿すごいねぇ!
それで友達とそのお母さんと3人で
高速バスでデズに出かけていきました。
(私が花粉症がひどいので・・行けないのです(+o+))
帰宅予定、夜10時半ごろ。
旦那は飲み会で・・帰宅時間不明。

私はよ~やく仕事が休みでデロデロしていたんだけど
新聞を読んでいて、ひらめいた!!
「むすこ~!今日は、ホームでサッカー試合だ!!
見に行こう!!”しかお君”応援だ!!」
息子も、「おう、行ってもいいぞ」とまんざらでもない様子。

うちからサッカースタジアムはすぐ近く。
車で5分ぐらい、自転車でも行ける。
思い立ったら、吉日でぇ!
よ~し、この頃あんまり元気のない「しかお君」応援だぜ
\(◎o◎)/!

スポーツって、生で見るのとテレビで見るのはぜ~んぜん違う。
当日券、並んで買うドキドキ~わくわく~感
(サポーターズシート、ホーム側で!)
エントランスで手荷物検査受けて、ぞろぞろ~と並んで
なんと言っても、
スタジアムに入って階段を上がっていって、
フィールドが目の前にぶわ~と広がった時、
「おお~!来たぞ!スタジアム~!」という興奮が広がりマス。
120404_190424.jpg
平日のナビスコカップ、空いていて、でも気持ちがいい陽気。
地元の「しかお君」チームはこの頃ちょっと低迷気味。
ここは応援しなければ・・相手は大宮の「アルディ君」、
相手にとって不足はないぞ。

ここのスタジアム名物のモツ煮込みを食べながら
(やっぱり、名物だけあってすご~く美味しかった!!)
「ああ~!!あ、あ、いけいけ~!!」
テレビのような解説がないので、解説者の目を通した試合ではなくて
自分の目で、選手の動き、ボールの動き、全体の動きがよく見える。
選手同士や監督の「あがれ~」とか「そこだ~」とか
そう言う声もばっちり聞こえる。
う~ん、楽しい!!
熱烈サポーターの方の太鼓のリズムに合わせて手をたたき、
「うわ~!!いけ~!!そこだぁ~!!」
相手チームが攻撃すると「ぶぅ~ぶぅ~ぶぅ~」とブーイングのあらし。
サポーターは、みな、選手と一緒に
懸命に太鼓叩いて手を叩いてブーイングして闘っております。

そして、そして!待望のゴォォォォォール!
うひゃ~!やった~!こうろき~!!やった~!
あまりの嬉しさに、息子も私もあたりにいた見知らぬ人と
叫びあってしまって!
この一体感、たまんないです。

そして、ハーフタイム。
食べ物屋さんをうろつていると、おお~!なんと!
しかお君、ご本人が!
120404_195628.jpg
このポージング、おちゃめ(*^_^*)

結局この試合は、この1点が決勝点となり、勝ちました!!
やったね、「しかお君」!
今年も応援するから、活躍してね~!

10時前に私と息子帰宅。
二人で喜びながら、カップめんすすって、体を暖めまして。
なんだか、楽しい思い出となったような。
11時前に娘ちゃん帰宅、バタンキュ~。
・・・旦那、午前様。
楽しい、春休みの一日となったのでした\(^o^)/

人は見かけに・・・

2012.04.04 17:25|雑感
この2月から新規採用された超新人さんがいる。
19歳!!
うわ~、私の子供の世代!!

この方、見かけが、かな~り「ふくよか」である。
もちろん!
私も人の事を言えない「ふくよかさん」である・・が!
この方の場合の「ふくよか」は
どのぐらいか・・というと
すれ違った人が、振り返って二度見をするぐらい。
「今の見た~?」と心ない人に言われるぐらい。
(本人もこの話をしていた)
だから、うちの施設に面接に来た時も
興味本位のおばさん達の格好の話題のタネになった。
社長はこの新人さんの、
とても真面目で丁寧な性格を気に入り採用となり。
制服(ジャージだけど)を特注しなくちゃな~と言っていた。

本当にとても、「超」が付くぐらい真面目で
言葉遣いも丁寧だし、仕事も少々遅いけど、丁寧。
1カ月ぐらいこの施設の仕事をスタッフについて見て勉強し
(非常に勉強熱心だった!!)
サ高住の訪問の手順について私が教えることになって
いろいろ話をした。
「沢山の面接を落ちました。太っているせいなんです。」
「いや、新人より経験者を取るところが多いからじゃないかな?」
というと、首を振って
「いや、はっきり言われた事あるんです。」
「そう・・。」
何を言われたか・・だいたい見当がつく。

傷ついてきただろうな・・・
身体的な事をはっきり言われるなんて、
傷つくだろうな・・・

「でも、ここで働けて、本当によかったです。
みなさんやさしく教えて下さるし~」
「そう?きつくない?」
「大丈夫です。」
う~ん・・まぁ、かな~りミステリーな事が多い職場だけど。
新人さんを積極的に採用するのは、私はいいことだと思ってる。
私の仕事の再確認にもなるし、なにより新鮮な風が職場に入る。

私は結構この新人さんと話をするようになって
緊張しきっていた顔がこの頃、少し笑顔になるようになった。
父親がアル中で家族に暴力振るって、散々近所にも迷惑かけて
そして肝臓悪くして死んだ事
母親もその後すぐに癌で死んだ事。
弟と二人、母親の姉のところに暮らしていて、なんとしても
仕事をして、弟の高校の授業料は払いたいと思っている事
等々・・・・

真面目で、努力家で、そして世間の厳しさも知っていて
根性もあって、仕事は少々遅いけど丁寧で。
ただ、「ふくよか」なだけで、彼女を落とした面接官達、
よ~く、この子を見てほしかった!と思ってしまう。

私も・・
目がつり上がっているので、よく、「きつい人」だと思われる。
ある新人さんに「みらです、よろしく、お願いします。」
とあいさつした時
「みらさんって見かけが怖いですね~、私、あんまりきつい事言われると
泣いちゃうかもしれないです・・・」
と言われた事がある。
なんで、あいさつしただけで!
あんたを泣かせなきゃいけないんだよ!!
目がつり上がっていて悪かったね!
あんたが泣こうがわめこうが、私を嫌いだろうとなかろうと
利用者さんの為にやらなきゃいけない事があるんだよ!!
・・・と
思わずきつく当たってしまいそうになりました・・・

(実際は「見かけが怖い~?よく言われるのよ~
噛みついたりしないから(笑)大丈夫よ~
分からなかったらいつでも聞いてね」と、大人の対応をしました。
私って、えらいな~(ToT)/~~~)






ああ~・・・

2012.04.03 20:43|エンタ
「相棒」が!
ああ~
神戸君卒業して
まだそんなに日もたってないというのに!
あの、微妙な余韻がまだ漂っているのに・・・
後味の悪さがまだ残っているのに・・・

ああ・・それなのに・・・


もう、新しい相棒がもう決まったのですね~!!
早いですな~・・・
薫ちゃんが辞めた後、神戸君(及川さん)に決まるまで
時間かかったように記憶しているんですが・・
今回は早いですな~・・・


(あ、万が一知らない方がいらっしゃると
いけないので・・名前は伏せておきます。)

個人的に、嫌いじゃないぞ!
期待しても・・いいのかな~・・・(*^_^*)

仕事もしてます

2012.04.02 10:04|仕事
あまり~・・・
自分では、仕事関係の事をブログに書くのは
好きではないのだけど、
(愛憎入り混じるうえに、アクセル踏んで
わけわからない理論展開になりそうだし
あまり明るい話題が少ない・・・その上に
後で、自分で読んで落ち込む、の繰り返し)
でも、書かないと仕事してないみたいなので
書いてみよう~フラットに冷静に~
これでも、仕事してるんだぞ~!!
ははは~ミステリーな職場で奮闘してるんだぞ!
と軽い自己主張。

介護って仕事、法律がすご~く重要でありまして
その法律が4月から変更があって。
そのせいで、3月のラスト2週間は
会議・会議・ミーティング・話し合い・の連続連続。
こんなに集まった月はないぐらいで。
無給なんだけど、出席率は毎回高かったですな。
介護職の方って、利用者さんの命預かってるから
そしてコンプライアンス徹底しないといけないから
みな、真面目です、はい、頭下がりますm(__)m
(だから、ねぎらいのために”ミステリーツアーなんて
社長が企画したのだけれども~・・
私の休日を返して~!9連勤だぞ~!!
それに便乗して、みな、私も含めいろいろ発言をするようになりまして
1パートが、知ったがぶりでほざいても、
それについてみな話しあってくれる・考えてくれる空気は
本当に楽しいし、前に進める気になりますね~(*^_^*)

ただ今、高専賃・・・じゃなかった、
サ高住(サービス付高齢者向け住宅)での訪問介護の
クレームの傾向、それに対する対策、新人が入る場合の注意点
「なぁなぁで仕事をしない、知っているつもりで仕事をしない。」
などなど~をまとめて、なるべくケアの統一化を図っていく。
誰が入っても、ケアに大きな違いがでないように。
慣れるまでチェックリストを活用して(リストを作った!えへん)
マニュアルを活用して(マニュアルの原型ができた!えへん)
「あの人は~すぐクレーム付ける人だから~」なんて愚痴を言うなら
クレームを減らすこと考えましょう、と
当たり前のことを確認。
マニュアルリバイズの為に、定期的なミーティングの必要性も
主張し、みんな「そうだね~ちょこちょこ集まるか~!」と。


そして、情報の入手方法を検討して・・
・・・つまり・・・
介護職では「知る努力」などという、他じゃ聞かない
言葉があるんです。
うん、多分、他の仕事で聞いたことないな~と思う。
情報を自分から得る努力をしよう、ということで
これは裏返せば、努力しないと知ることができない、と言うこと。
不思議な仕事です。
うちの母親(看護師)に言わせると、すごく変、と言うことで。
看護職なんて努力しなくても、
患者さんの情報は共有するのが当然のことだから、ね。
新しい利用者さんの病状等だって、勉強するのが当たり前だし
当たり前って「わざわざする努力」とは違う・・し。
一人でやっている職人じゃないんだから
チームでやっている仕事なんだから、新人からベテランから
各ヘルパーやナースのもっている知識や情報をどんどん共有する
システムを作ろう!といことになりまして、
ただ今、細かい方法(申し送りのノートの使用方法や
利用者さんの現状の記入方法や勉強会の頻度や社内研修内容や)を
みなで検討中。

もちろん、すぐにうまくはいかないけれど
みなの、現状ではいけないっていう意識を確認できたのは
法律改正による連日の会議のおかげ・・だったりして。

というわけで、こう見えても(どう?)
真面目に仕事もしております。


だから~休日を返して~・・
私は、
仕事を休むのが大好きなんだぞぉ・・
| 2012.04 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

mira

Author:mira
パートの介護職のへタレおばさん。
そして
ちょっぴりヲタクが自慢。
私の知識の80パーセントは
マンガからきています♪
(リンクご希望の際は、ご一報下さいませ。
そして、無断トラックバックはお断りしております。
TBの際にもご一報くださいませ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ♪

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。